【全巻無料】機密少女と暗号戦争がサブスク読み放題 | 試し読み有り | ビューン

機密少女と暗号戦争 (1巻)
著者  :高遠けい
出版社名:アムコミ
掲載誌 :KTcomic

機密少女と暗号戦争の詳細

あらすじ:

2019年3月…防衛省自衛隊にて情報セキュリティの世代交代が完了し、すべてのアナログ暗号書が破棄された。そのちょうど一年前、暗号員の神谷樹(かみやいつき)は要人警護を担当する警務隊への異動が決まっていた。彼が警護する人物は、とある一人の少女。一見どこにでもいる普通の女の子だが、彼女は研究により画期的な暗号法を編み出してきた一族の末裔だった。数ある暗号の中でも鉄壁の強度を誇り、最高傑作と呼ばれるのが完全独自の言語を用いた口語(こうご)暗号。その言語は一族間でのみ継承され、彼女はその言語を知る最後の一人…“コードトーカー”だった。一族の者はその性質上、紙の暗号書と同じ扱いとなっていた。その意味は一年後の2019年3月に破棄…つまり命を絶たれるのだ。さらに彼女がもし敵の手に渡りそうになった時には、その場で即破棄しなければならなかった。守ると同時に有事には彼女を破棄することが神谷に課せられた任務だったのだ…―。

機密少女と暗号戦争の提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

シリーズ

    • 機密少女と暗号戦争
      (2)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。
    • 機密少女と暗号戦争
      (3)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。
    • 機密少女と暗号戦争
      (4)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。
    • 機密少女と暗号戦争
      (5)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。
    • 機密少女と暗号戦争
      (6)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。
    • 機密少女と暗号戦争
      (7)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。
    • 機密少女と暗号戦争
      (8)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。
    • 機密少女と暗号戦争
      (9)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。
    • 機密少女と暗号戦争
      (10)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。
    • 機密少女と暗号戦争
      (11)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。
    • 機密少女と暗号戦争
      (12)
      高遠けい
      要人警護を担当する警務隊の神谷に課せられた任務とは、一年後に紙の暗号書と同等の扱いとして破棄されることが決まっている暗号一家の末裔である少女を守り、そして有事にはその手で破棄することだった…―。

雑誌800誌・旅行ガイド300冊
漫画60,000冊以上が読み放題