宮本 武蔵 |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

宮本 武蔵(1)

著者  :バロン吉元
出版社名:グループ・ゼロ

宮本 武蔵の詳細

あらすじ:

新免一族の体面を汚した新八郎を討たんとする無二斎。その息子・弁之助は、父の厳しい鍛錬のもと、ひたすら修行に打ち込む。――そう、彼こそが後に「宮本武蔵」を名乗り、天下にその名を轟かせる武傑となる――! 『バガボンド』に先駆けること20年、劇画界の鬼才・バロン吉元によって流麗且つ豪胆、ときに繊細に描かれる武蔵の生涯――。また、著者にとってはまだ描き残した部分があるのか、この後「宮本武蔵 五輪の書」も著すこととなる。まさに今こそ、読み比べて面白さを堪能すべき傑作!

宮本 武蔵の提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

シリーズ

    • 宮本 武蔵
      (2)
      バロン吉元
      初陣となる関ヶ原、西軍・宇喜多の元に所属する17歳の弁之助は、敵の兜首をとりながらも矢傷を追った星丸に情をかけてしまう。『バガボンド』に先駆けること20年、劇画界の鬼才・バロン吉元によって流麗且つ豪胆、ときに繊細に描かれる武蔵の生涯――。第2巻!また、著者にとってはまだ描き残した部分があるのか、この後「宮本武蔵 五輪の書」も著すこととなる。まさに今こそ、読み比べて面白さを堪能すべき傑作!
    • 宮本 武蔵
      (3)
      バロン吉元
      丸目蔵人に新陰流を教わろうとする武蔵だが、取り合わぬ蔵人について天草へ。その海でフカ狩りに臨む武蔵は、お浜と出会う。『バガボンド』に先駆けること20年、劇画界の鬼才・バロン吉元によって流麗且つ豪胆、ときに繊細に描かれる武蔵の生涯――。第3巻!また、著者にとってはまだ描き残した部分があるのか、この後「宮本武蔵 五輪の書」も著すこととなる。まさに今こそ、読み比べて面白さを堪能すべき傑作!
    • 宮本 武蔵
      (4)
      バロン吉元
      薊と共に村を訪れた武蔵に、野伏から村を守る味方を頭目に依頼されるが…?そしてその後、佐々木小次郎との再会を果たす!『バガボンド』に先駆けること20年、劇画界の鬼才・バロン吉元によって流麗且つ豪胆、ときに繊細に描かれる武蔵の生涯――。第4巻!また、著者にとってはまだ描き残した部分があるのか、この後「宮本武蔵 五輪の書」も著すこととなる。まさに今こそ、読み比べて面白さを堪能すべき傑作!
    • 宮本 武蔵
      (5)
      バロン吉元
      慶長8年、江戸幕府成立。機は熟したと、吉岡憲法に試合を申し込む武蔵・弱冠20歳だが、勝ち抜きにより挑戦権を得る形式に…。『バガボンド』に先駆けること20年、劇画界の鬼才・バロン吉元によって流麗且つ豪胆、ときに繊細に描かれる武蔵の生涯――。第5巻!また、著者にとってはまだ描き残した部分があるのか、この後「宮本武蔵 五輪の書」も著すこととなる。まさに今こそ、読み比べて面白さを堪能すべき傑作!
    • 宮本 武蔵
      (6)
      バロン吉元
      迅雷組と行動を共にする武蔵と薊。主力をおびき出し栗山主膳を討つ梅軒。娘の薊の前で遺骸を燃やさんとする梅軒に武蔵は…。『バガボンド』に先駆けること20年、劇画界の鬼才・バロン吉元によって流麗且つ豪胆、ときに繊細に描かれる武蔵の生涯――。第6巻!また、著者にとってはまだ描き残した部分があるのか、この後「宮本武蔵 五輪の書」も著すこととなる。まさに今こそ、読み比べて面白さを堪能すべき傑作!
    • 宮本 武蔵
      (7)
      バロン吉元
      京にて襲いくる無頼漢を瞬時に斃す小次郎だが、その時の手応え、燕を斬らんばかりの太刀筋の鋭さを求め、修練に明け暮れる。『バガボンド』に先駆けること20年、劇画界の鬼才・バロン吉元によって流麗且つ豪胆、ときに繊細に描かれる武蔵の生涯――。第7巻!また、著者にとってはまだ描き残した部分があるのか、この後「宮本武蔵 五輪の書」も著すこととなる。まさに今こそ、読み比べて面白さを堪能すべき傑作!
    • 宮本 武蔵
      (8)
      バロン吉元
      慶長12年、九州小倉は細川家の剣法指南役となった小次郎の元に、武蔵の風説をもたらす幕臣闇の坊。武芸大会を提案するが?『バガボンド』に先駆けること20年、劇画界の鬼才・バロン吉元によって流麗且つ豪胆、ときに繊細に描かれる武蔵の生涯――。第8巻!また、著者にとってはまだ描き残した部分があるのか、この後「宮本武蔵 五輪の書」も著すこととなる。まさに今こそ、読み比べて面白さを堪能すべき傑作!
    • 宮本 武蔵
      (9)
      バロン吉元
      阿国を人質に迫る闇の坊を討ち斃した武蔵。…そして舟島にて、ついに宿敵・佐々木小次郎との決戦の時、来る!『バガボンド』に先駆けること20年、劇画界の鬼才・バロン吉元によって流麗且つ豪胆、ときに繊細に描かれる武蔵の生涯――。万感の終劇!また、著者にとってはまだ描き残した部分があるのか、この後「宮本武蔵 五輪の書」も著すこととなる。まさに今こそ、読み比べて面白さを堪能すべき傑作!