ドッグソルジャー |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

ドッグソルジャー(1)

著者  :猿渡哲也
出版社名:ビーグリー

ドッグソルジャーの詳細

あらすじ:

嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。

ドッグソルジャーの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

シリーズ

    • ドッグソルジャー
      (2)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。
    • ドッグソルジャー
      (3)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。
    • ドッグソルジャー
      (4)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。
    • ドッグソルジャー
      (5)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。
    • ドッグソルジャー
      (6)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。
    • ドッグソルジャー
      (7)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。
    • ドッグソルジャー
      (8)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。
    • ドッグソルジャー
      (9)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。
    • ドッグソルジャー
      (10)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。
    • ドッグソルジャー
      (11)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。
    • ドッグソルジャー
      (12)
      猿渡哲也
      嘗てはアメリカ軍エリート特殊部隊グリーン・ベレーの隊員だったジョン・キョースケ・飛葉。政府のやり口に我慢できずに隊を辞め、現在は野良犬のような日々を送っていた。ある日、JCIAの人物が家に押しかけ連行されると「T・O・P指令」を依頼されるのであった……。