【無料】サイゾー(サイゾー)最新号 | 2024年5月号 | 800誌以上の雑誌がサブスク読み放題 | 試し読み有り | ビューン

サイゾー 最新号:2024年5月号の目次

  • [マルサの女]永尾まりや
  • 目次
  • [第一特集]新しいテレビと芸能界
  • [第一特集]急増するドラマと圧力の減少で、俳優が求められる“数字”
  • [第一特集]芸人からなぜ“テレビスター”が生まれなくなったのか
  • [第一特集]『篤姫』の登場が大河ドラマを変えた──“女大河”の変遷と時代性
  • [第一特集]NHK Eテレ幼児向け番組で“ラップ”が採用される理由
  • [第一特集]ワイドショーでの役割と炎上リスク「令和のコメンテーター業」
  • [第一特集]関暁夫は都市伝説を越えた……テレビが放送する「陰謀論」
  • [第一特集]『不適切にもほどがある!』と宮藤官九郎が映し出す“規制とテレビ”
  • [第二特集]THE NEWSMAKER DIALOGUE 時代の“今”を切り取る対談集 角川春樹82歳、やはり本日も健在なり――中森明夫が聞く
  • [第二特集]大阪万博、開催への意義と異議――大﨑洋本間龍
  • [第二特集]スクープ乱発に“正義”はあるのか――元「週刊文春」記者対談
  • [第二特集]元祖・ジャニーズに喧嘩を売った男たち――本橋信宏松岡利康
  • [連載]神保哲生宮台真司の「TALK ON DEMAND」【今回のゲスト】田中秀和(元航空管制官)
  • [連載]萱野稔人と巡る「超・人間学」【今回のゲスト】高橋龍三郎(先史考古学研究所所長)
  • 奥付
  • [P様の匣]玉田志織(俳優)──「ダンスも歌もお手のもの」見る者を魅了する新進気鋭の若手俳優
  • [P様の匣]Prinscessnext(アーティスト)──YMOのカバー曲を引っ提げ、世界市場に打って出るガールズグループ
  • [P様の匣]中村優一(俳優)──「映画をゼロから背負いたい」横浜を舞台に描かれる愛と不条理と狂気に満ちた物語
  • [新連載]ウェジー・アーカイブス 松岡宗嗣(一般社団法人fair代表理事)× 堀川修平(教育学研究者)
  • [連載]辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
  • [連載]笹 公人×江森康之の「念力事報」
  • [連載]丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」
  • [連載]AmamiyaMaakoの「スタジオはいります」【今月のゲスト】 椎名純平(シンガー・ソングライター)
  • [連載]ドクター苫米地に聞け! 僕たちは洗脳されてるんですか?
  • [特別企画]「下着と水着の考証学」小那海あや 約5年半ぶりにAV界に復帰した小さな巨人の意識の変化
  • [特別企画]田辺莉咲子“棒術グラビア”に挑戦!「テラハ」の人気メンバーがサイゾー初登場!
  • プレゼント
  • [連載]町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」
  • [連載]花くまゆうさく『カストリ漫報』

サイゾー 雑誌の詳細

配信予定日*:毎月18日

雑誌紹介:

「サイゾー」の歴史は1998年、月刊誌として創刊されたことにさかのぼります。当時は出版不況が囁かれ始めた頃ですが、「視点をリニューアルする情報誌」というコンセプトのもと、テレビや新聞などといったマスメディアが流す大衆向けに画一化された情報とは、ひと味もふた味も異なるコンテンツを提供し、現在に至ります。その独自のネットワークで収拾したコンテンツは、芸能、社会問題、ビジネス、人文社会など、ジャンルは多岐に渡りますが、今現在においても高い評価を得ており、「日刊サイゾー」「サイゾーウーマン」「Business Journal」を始めとした、数多くの関連ウェブメディアを運営するまでに至りました。ですが、時代はマスメディア全盛からソーシャルメディアの時代に変貌し、我々は24時間、365日、膨大な情報に晒されています。増え続ける情報から、真実を知るために、我々も進化をしなければなりません。「サイゾー」は月刊誌として、世の中で今、起こっていること、そしてこれからの流れをさまざまな角度から検証します。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、読むほどに世の中を見る目がクリアになる記事を。そして「検索できない真実」を。「サイゾー」は情報サバイバル時代を生き抜くためのハイスペックな情報誌として挑み続けます。
*「配信予定日」はカレンダーの関係で、変更となる場合があります。

サイゾーの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

サイゾーのバックナンバー

    • 2024年2月号
      「サイゾー」の歴史は1998年、月刊誌として創刊されたことにさかのぼります。当時は出版不況が囁かれ始めた頃ですが、「視点をリニューアルする情報誌」というコンセプトのもと、テレビや新聞などといったマスメディアが流す大衆向けに画一化された情報とは、ひと味もふた味も異なるコンテンツを提供し、現在に至ります。その独自のネットワークで収拾したコンテンツは、芸能、社会問題、ビジネス、人文社会など、ジャンルは多岐に渡りますが、今現在においても高い評価を得ており、「日刊サイゾー」「サイゾーウーマン」「Business Journal」を始めとした、数多くの関連ウェブメディアを運営するまでに至りました。ですが、時代はマスメディア全盛からソーシャルメディアの時代に変貌し、我々は24時間、365日、膨大な情報に晒されています。増え続ける情報から、真実を知るために、我々も進化をしなければなりません。「サイゾー」は月刊誌として、世の中で今、起こっていること、そしてこれからの流れをさまざまな角度から検証します。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、読むほどに世の中を見る目がクリアになる記事を。そして「検索できない真実」を。「サイゾー」は情報サバイバル時代を生き抜くためのハイスペックな情報誌として挑み続けます。
    • 2023年11月号
      「サイゾー」の歴史は1998年、月刊誌として創刊されたことにさかのぼります。当時は出版不況が囁かれ始めた頃ですが、「視点をリニューアルする情報誌」というコンセプトのもと、テレビや新聞などといったマスメディアが流す大衆向けに画一化された情報とは、ひと味もふた味も異なるコンテンツを提供し、現在に至ります。その独自のネットワークで収拾したコンテンツは、芸能、社会問題、ビジネス、人文社会など、ジャンルは多岐に渡りますが、今現在においても高い評価を得ており、「日刊サイゾー」「サイゾーウーマン」「Business Journal」を始めとした、数多くの関連ウェブメディアを運営するまでに至りました。ですが、時代はマスメディア全盛からソーシャルメディアの時代に変貌し、我々は24時間、365日、膨大な情報に晒されています。増え続ける情報から、真実を知るために、我々も進化をしなければなりません。「サイゾー」は月刊誌として、世の中で今、起こっていること、そしてこれからの流れをさまざまな角度から検証します。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、読むほどに世の中を見る目がクリアになる記事を。そして「検索できない真実」を。「サイゾー」は情報サバイバル時代を生き抜くためのハイスペックな情報誌として挑み続けます。

雑誌800誌・旅行ガイド250冊
漫画60,000冊以上が読み放題