伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】 |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】(1)

著者  :神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
出版社名:グループ・ゼロ
掲載誌 :マンガの金字塔

伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】の詳細

あらすじ:

麻雀界のレジェンド・桜井章一の、無敗という伝説の足跡を、圧倒的な筆致で描き上げた大人気劇画シリーズの完全版が登場! 戦争の傷跡がまだ癒えきらぬ少年時代から高度経済成長時代を、その神業とも言える裏ワザを駆使して戦い抜いてきた裏プロ時代から、社長業をしながら「仕事」も負け無しで通した後期まで、伝説の姿を余すところなく描いた、麻雀ファンならずとも必読の傑作英雄譚! ※本作は『ショーイチ 20年間無敗の男 桜井章一伝』『伝説の雀鬼 Shoichi裏プロ無敗神話』『真説 桜井章一 ショーイチ』(いずれも近代麻雀コミックス)を元に、未単行本化原稿を加え完全版としたものです。

伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】の提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

シリーズ

    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (2)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      ショーイチは人生の師である花山社長が敬愛する任侠の親分のために、大勝負の代打ちを買って出るが、相手は「通し」の使い手で?!
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (3)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      高度経済成長時代、ショーイチは新宿の雀荘を転々とし、筋の悪いプロ崩れの客を退治する、いわゆる「クマ退治」をやっていた…。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (4)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      全員が相手の山積みを読んでいた。誰かがツモっても、その牌がなんなのか、全員が知っていた…驚異の治外法権麻雀がここに開幕!
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (5)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      ショーイチにとって最大の山場がきた。今度だけは西郷の洗牌を無視し、自山だけをきちっと仕込み誰よりも先に牌山を積んだ…!
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (6)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      阿佐田哲也著「麻雀放浪記」が世間の話題を呼び、裏芸の世界が一般に明るみになっていた時期。ショーイチはテレビ出演をしだす。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (7)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      ショーイチのテレビ出演は思いがけない反応にも結びついた。仕事関連の意外な人がテレビを見ていて電話をくれるようになったのだ。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (8)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      ショーイチの心に変化が訪れていた。熱もないのに奇妙な不快感に付きまとわれ心を奮い立たせようとしても高揚を感じないのだった。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (9)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      たった一人の引退試合――ショーイチが心にそう決めたとき、初めてこの勝負買っても負けてもいい、という気持ちが湧いてきた…。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (10)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      現役の代走屋を引退した桜井章一。かつて最強戦を闘った佐々木と山田の二人だけにしか発することのなかった言葉を口にしたのは…
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (11)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      善さんは雀荘の番頭さん。番頭というのはお金の管理やトラブルの処理などが仕事であり常にカウンターから店全体に目を配っている
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (12)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      仕事を仕上げ勝ち切るにはそれなりの準備が必要だ。いつも通りショーイチは本番前三日間は横になって眠ることなく食事もしない。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (13)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      土田はプロになっても麻雀を学びたいと念じていた。麻雀の真実を知りたいと。それが今、目の前でショーイチの打牌に現れていた!
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (14)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      渾身の戦いが終わり、ショーイチはもうその勝負神経を再び使うことはないと思い、それに対しての未練もなかった。しかし…。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (15)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      持って生まれた才能、麻雀のセンス…もとより現時点では不明ながら、ショーイチは南の勝負師としての華にある危惧を抱いていた。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (16)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      かつて裏の世界で名を成した鈴銀グループの総長・鈴銀が秘蔵っ子として育てていた男…一度だけショーイチはその男を目にしていた。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (17)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      あの世紀の大勝負、治外法権麻雀の戦いが甦る! サイ慎のテンパイとともに一切の動きが止まった…10秒が10分以上に体感される!
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (18)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      勝負の前になると「怒り」が顔を出す。人間の持つ不自然で理不尽な力に対する怒り…それがショーイチの全てを覆い尽くしてゆく…。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (19)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      新興宗教に絡め取られてしまった青年・川原。ショーイチは麻雀で勝負すると言ってきた教祖を叩き潰すため、受けて立つことにする
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (20)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      東北での勝負。ショーイチはかつて聞いたことがある「御陣乗打ち」を相手にすることになる。一体その打法の真髄とは何なのか?
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (21)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      北海道での勝負を終えたショーイチは、その地にとどまり東へと足を向けていた。心を無にし、釧路湿原の地平線を眺めていた…。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (22)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      政財界の要人たちをギャラリーに、ショーイチは二度と来ないと決めていた戦いの場に立つ。心のざわめきに導かれていたのだった。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (23)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      ついに魔の正体を見極めたショーイチ。魅入られていた男たちを、その無の境地に達した麻雀で打倒し、彼らを結果的に救ったのだ。
    • 伝説の雀鬼 ショーイチ【完全版】
      (24)
      神田たけ志・柳史一郎・桜井章一
      狂気の戦いが明けたが、ショーイチの中に残った邪気は依然として離れない。それらを払拭するためショーイチは山へ登るのだった。

雑誌500誌・マンガ3.5万冊が読み放題