友達のお父さんとセックスしたい |ビューン|ボーイズラブ・BL漫画・BLマンガ全巻が初月無料で読み放題

友達のお父さんとセックスしたい(1)

著者  :鬼野うめ吉
出版社名:STDパブリッシング

友達のお父さんとセックスしたいの詳細

あらすじ:

妻に先立たれ男手ひとつで息子を育ててきた会社員の能城(のぎ)。仕事漬けの日々を送っていたある日の夜、遊びに来ていた高校生の息子の幼馴染・はじめが自分の下着を嗅ぎながら自慰をしている所を目撃してしまう。慌ててその場から離れる能城だったが、はじめには気付かれていて…。「もう我慢する必要ないですよね?」と開き直り、能城に迫るはじめ。もう一人の息子のような存在だったはじめに体をまさぐられ、後ろを弄られ、強過ぎる快感が能城を襲う――幼い頃から可愛がってきたはじめを突き放すことができない能城は……。

友達のお父さんとセックスしたいの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット

シリーズ

    • 友達のお父さんとセックスしたい
      (2)
      鬼野うめ吉
      妻に先立たれ男手ひとつで息子を育ててきた会社員の能城(のぎ)。仕事漬けの日々を送っていたある日の夜、遊びに来ていた高校生の息子の幼馴染・はじめが自分の下着を嗅ぎながら自慰をしている所を目撃してしまう。慌ててその場から離れる能城だったが、はじめには気付かれていて…。「もう我慢する必要ないですよね?」と開き直り、能城に迫るはじめ。もう一人の息子のような存在だったはじめに体をまさぐられ、後ろを弄られ、強過ぎる快感が能城を襲う――幼い頃から可愛がってきたはじめを突き放すことができない能城は……。
    • 友達のお父さんとセックスしたい
      (3)
      鬼野うめ吉
      妻に先立たれ男手ひとつで息子を育ててきた会社員の能城(のぎ)。仕事漬けの日々を送っていたある日の夜、遊びに来ていた高校生の息子の幼馴染・はじめが自分の下着を嗅ぎながら自慰をしている所を目撃してしまう。慌ててその場から離れる能城だったが、はじめには気付かれていて…。「もう我慢する必要ないですよね?」と開き直り、能城に迫るはじめ。もう一人の息子のような存在だったはじめに体をまさぐられ、後ろを弄られ、強過ぎる快感が能城を襲う――幼い頃から可愛がってきたはじめを突き放すことができない能城は……。
    • 友達のお父さんとセックスしたい
      (4)
      鬼野うめ吉
      妻に先立たれ男手ひとつで息子を育ててきた会社員の能城(のぎ)。仕事漬けの日々を送っていたある日の夜、遊びに来ていた高校生の息子の幼馴染・はじめが自分の下着を嗅ぎながら自慰をしている所を目撃してしまう。慌ててその場から離れる能城だったが、はじめには気付かれていて…。「もう我慢する必要ないですよね?」と開き直り、能城に迫るはじめ。もう一人の息子のような存在だったはじめに体をまさぐられ、後ろを弄られ、強過ぎる快感が能城を襲う――幼い頃から可愛がってきたはじめを突き放すことができない能城は……。
    • 友達のお父さんとセックスしたい
      (5)
      鬼野うめ吉
      妻に先立たれ男手ひとつで息子を育ててきた会社員の能城(のぎ)。仕事漬けの日々を送っていたある日の夜、遊びに来ていた高校生の息子の幼馴染・はじめが自分の下着を嗅ぎながら自慰をしている所を目撃してしまう。慌ててその場から離れる能城だったが、はじめには気付かれていて…。「もう我慢する必要ないですよね?」と開き直り、能城に迫るはじめ。もう一人の息子のような存在だったはじめに体をまさぐられ、後ろを弄られ、強過ぎる快感が能城を襲う――幼い頃から可愛がってきたはじめを突き放すことができない能城は……。
    • 友達のお父さんとセックスしたい
      (6)
      鬼野うめ吉
      妻に先立たれ男手ひとつで息子を育ててきた会社員の能城(のぎ)。仕事漬けの日々を送っていたある日の夜、遊びに来ていた高校生の息子の幼馴染・はじめが自分の下着を嗅ぎながら自慰をしている所を目撃してしまう。慌ててその場から離れる能城だったが、はじめには気付かれていて…。「もう我慢する必要ないですよね?」と開き直り、能城に迫るはじめ。もう一人の息子のような存在だったはじめに体をまさぐられ、後ろを弄られ、強過ぎる快感が能城を襲う――幼い頃から可愛がってきたはじめを突き放すことができない能城は……。
    • 友達のお父さんとセックスしたい
      (7)
      鬼野うめ吉
      妻に先立たれ男手ひとつで息子を育ててきた会社員の能城(のぎ)。仕事漬けの日々を送っていたある日の夜、遊びに来ていた高校生の息子の幼馴染・はじめが自分の下着を嗅ぎながら自慰をしている所を目撃してしまう。慌ててその場から離れる能城だったが、はじめには気付かれていて…。「もう我慢する必要ないですよね?」と開き直り、能城に迫るはじめ。もう一人の息子のような存在だったはじめに体をまさぐられ、後ろを弄られ、強過ぎる快感が能城を襲う――幼い頃から可愛がってきたはじめを突き放すことができない能城は……。

雑誌500誌・マンガ3.5万冊が読み放題