俺、専用JK(びしょうじょ) |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

俺、専用JK(びしょうじょ)(1)

著者  :九州男児
出版社名:ソルマーレ編集部
掲載誌 :ズズズキュン!

俺、専用JK(びしょうじょ)の詳細

あらすじ:

それは、俺が生涯で見た中でもっとも美しい生き物だった醜悪な容姿のせいで何年も母親以外の女と口をきくことさえなく鬱屈した日々を送っていた。だが俺だって好き好んでこうなったわけじゃない。何かが違っていれば…こんな容姿でなければ、親に金があれば、受験に失敗してなければ、あのとき誰かが手を差し伸べてくれていれば……いや、今これからだって―…生まれ変わるきっかけさえあればいいんだ。そうきっかけさえあれば、次はきっと完璧な人生にしてやれるはずなのだ――。【ズズズキュン!】

俺、専用JK(びしょうじょ)の提供中サービス

  • ブック放題

シリーズ

    • 俺、専用JK(びしょうじょ)
      (2)
      九州男児
      それは、俺が生涯で見た中でもっとも美しい生き物だった醜悪な容姿のせいで何年も母親以外の女と口をきくことさえなく鬱屈した日々を送っていた。だが俺だって好き好んでこうなったわけじゃない。何かが違っていれば…こんな容姿でなければ、親に金があれば、受験に失敗してなければ、あのとき誰かが手を差し伸べてくれていれば……いや、今これからだって―…生まれ変わるきっかけさえあればいいんだ。そうきっかけさえあれば、次はきっと完璧な人生にしてやれるはずなのだ――。【ズズズキュン!】
    • 俺、専用JK(びしょうじょ)
      (3)
      九州男児
      それは、俺が生涯で見た中でもっとも美しい生き物だった醜悪な容姿のせいで何年も母親以外の女と口をきくことさえなく鬱屈した日々を送っていた。だが俺だって好き好んでこうなったわけじゃない。何かが違っていれば…こんな容姿でなければ、親に金があれば、受験に失敗してなければ、あのとき誰かが手を差し伸べてくれていれば……いや、今これからだって―…生まれ変わるきっかけさえあればいいんだ。そうきっかけさえあれば、次はきっと完璧な人生にしてやれるはずなのだ――。【ズズズキュン!】
    • 俺、専用JK(びしょうじょ)
      (4)
      九州男児
      それは、俺が生涯で見た中でもっとも美しい生き物だった醜悪な容姿のせいで何年も母親以外の女と口をきくことさえなく鬱屈した日々を送っていた。だが俺だって好き好んでこうなったわけじゃない。何かが違っていれば…こんな容姿でなければ、親に金があれば、受験に失敗してなければ、あのとき誰かが手を差し伸べてくれていれば……いや、今これからだって―…生まれ変わるきっかけさえあればいいんだ。そうきっかけさえあれば、次はきっと完璧な人生にしてやれるはずなのだ――。【ズズズキュン!】
    • 俺、専用JK(びしょうじょ)
      (5)
      九州男児
      それは、俺が生涯で見た中でもっとも美しい生き物だった醜悪な容姿のせいで何年も母親以外の女と口をきくことさえなく鬱屈した日々を送っていた。だが俺だって好き好んでこうなったわけじゃない。何かが違っていれば…こんな容姿でなければ、親に金があれば、受験に失敗してなければ、あのとき誰かが手を差し伸べてくれていれば……いや、今これからだって―…生まれ変わるきっかけさえあればいいんだ。そうきっかけさえあれば、次はきっと完璧な人生にしてやれるはずなのだ――。【ズズズキュン!】
    • 俺、専用JK(びしょうじょ)
      (6)
      九州男児
      それは、俺が生涯で見た中でもっとも美しい生き物だった醜悪な容姿のせいで何年も母親以外の女と口をきくことさえなく鬱屈した日々を送っていた。だが俺だって好き好んでこうなったわけじゃない。何かが違っていれば…こんな容姿でなければ、親に金があれば、受験に失敗してなければ、あのとき誰かが手を差し伸べてくれていれば……いや、今これからだって―…生まれ変わるきっかけさえあればいいんだ。そうきっかけさえあれば、次はきっと完璧な人生にしてやれるはずなのだ――。【ズズズキュン!】
    • 俺、専用JK(びしょうじょ)
      (7)
      九州男児
      それは、俺が生涯で見た中でもっとも美しい生き物だった醜悪な容姿のせいで何年も母親以外の女と口をきくことさえなく鬱屈した日々を送っていた。だが俺だって好き好んでこうなったわけじゃない。何かが違っていれば…こんな容姿でなければ、親に金があれば、受験に失敗してなければ、あのとき誰かが手を差し伸べてくれていれば……いや、今これからだって―…生まれ変わるきっかけさえあればいいんだ。そうきっかけさえあれば、次はきっと完璧な人生にしてやれるはずなのだ――。【ズズズキュン!】