三ツ島さんはスキが言えない |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

三ツ島さんはスキが言えない(1)

著者  :橘えいこ
出版社名:ソルマーレ編集部
掲載誌 :恋するソワレ

三ツ島さんはスキが言えないの詳細

あらすじ:

私は好きな人に対して“好き避け”をしてしまうのです。かつての私は「スキ」が溢れ出して、周囲の目も、相手の気持ちも考えず暴走し、やがて撃沈。その事がトラウマとなり、今では好意を悟られぬよう意中の人を避けるクセがついたのです。そんなある日、先輩に誘われて行った居酒屋で沢口さんに出会い、彼に一目惚れをするのですが、好き避けのせいで結果はやはり相手に嫌われてしまい…。何度反省をしても、全然改められない自分のクセ。好きな人に「スキ」と言えるようになりたい!そう決めた私はカウンセリングへ行くことにしたのですが、そこにいたのは――!? 【恋するソワレ】この作品は「恋するソワレ」2018年Vol.9に収録されています。

三ツ島さんはスキが言えないの提供中サービス

  • ブック放題

シリーズ

    • 三ツ島さんはスキが言えない
      (2)
      橘えいこ
      私は好きな人に対して“好き避け”をしてしまうのです。かつての私は「スキ」が溢れ出して、周囲の目も、相手の気持ちも考えず暴走し、やがて撃沈。その事がトラウマとなり、今では好意を悟られぬよう意中の人を避けるクセがついたのです。そんなある日、先輩に誘われて行った居酒屋で沢口さんに出会い、彼に一目惚れをするのですが、好き避けのせいで結果はやはり相手に嫌われてしまい…。何度反省をしても、全然改められない自分のクセ。好きな人に「スキ」と言えるようになりたい!そう決めた私はカウンセリングへ行くことにしたのですが、そこにいたのは――!? 【恋するソワレ】この作品は「恋するソワレ」2018年Vol.9に収録されています。
    • 三ツ島さんはスキが言えない
      (3)
      橘えいこ
      私は好きな人に対して“好き避け”をしてしまうのです。かつての私は「スキ」が溢れ出して、周囲の目も、相手の気持ちも考えず暴走し、やがて撃沈。その事がトラウマとなり、今では好意を悟られぬよう意中の人を避けるクセがついたのです。そんなある日、先輩に誘われて行った居酒屋で沢口さんに出会い、彼に一目惚れをするのですが、好き避けのせいで結果はやはり相手に嫌われてしまい…。何度反省をしても、全然改められない自分のクセ。好きな人に「スキ」と言えるようになりたい!そう決めた私はカウンセリングへ行くことにしたのですが、そこにいたのは――!? 【恋するソワレ】この作品は「恋するソワレ」2018年Vol.10に収録されています。
    • 三ツ島さんはスキが言えない
      (4)
      橘えいこ
      私は好きな人に対して“好き避け”をしてしまうのです。かつての私は「スキ」が溢れ出して、周囲の目も、相手の気持ちも考えず暴走し、やがて撃沈。その事がトラウマとなり、今では好意を悟られぬよう意中の人を避けるクセがついたのです。そんなある日、先輩に誘われて行った居酒屋で沢口さんに出会い、彼に一目惚れをするのですが、好き避けのせいで結果はやはり相手に嫌われてしまい…。何度反省をしても、全然改められない自分のクセ。好きな人に「スキ」と言えるようになりたい!そう決めた私はカウンセリングへ行くことにしたのですが、そこにいたのは――!? 【恋するソワレ】この作品は「恋するソワレ」2018年Vol.11に収録されています。
    • 三ツ島さんはスキが言えない
      (5)
      橘えいこ
      私は好きな人に対して“好き避け”をしてしまうのです。<br><br>かつての私は「スキ」が溢れ出して、周囲の目も、相手の気持ちも考えず暴走し、やがて撃沈。その事がトラウマとなり、今では好意を悟られぬよう意中の人を避けるクセがついたのです。そんなある日、先輩に誘われて行った居酒屋で沢口さんに出会い、彼に一目惚れをするのですが、好き避けのせいで結果はやはり相手に嫌われてしまい…。何度反省をしても、全然改められない自分のクセ。好きな人に「スキ」と言えるようになりたい!そう決めた私はカウンセリングへ行くことにしたのですが、そこにいたのは――!? 【恋するソワレ】この作品は「恋するソワレ」2018年Vol.12に収録されています。
    • 三ツ島さんはスキが言えない
      (6)
      橘えいこ
      私は好きな人に対して“好き避け”をしてしまうのです。かつての私は「スキ」が溢れ出して、周囲の目も、相手の気持ちも考えず暴走し、やがて撃沈。その事がトラウマとなり、今では好意を悟られぬよう意中の人を避けるクセがついたのです。そんなある日、先輩に誘われて行った居酒屋で沢口さんに出会い、彼に一目惚れをするのですが、好き避けのせいで結果はやはり相手に嫌われてしまい…。何度反省をしても、全然改められない自分のクセ。好きな人に「スキ」と言えるようになりたい!そう決めた私はカウンセリングへ行くことにしたのですが、そこにいたのは――!? 【恋するソワレ】この作品は「恋するソワレ」2019年Vol.1に収録されています。
    • 三ツ島さんはスキが言えない
      (7)
      橘えいこ
      私は好きな人に対して“好き避け”をしてしまうのです。かつての私は「スキ」が溢れ出して、周囲の目も、相手の気持ちも考えず暴走し、やがて撃沈。その事がトラウマとなり、今では好意を悟られぬよう意中の人を避けるクセがついたのです。そんなある日、先輩に誘われて行った居酒屋で沢口さんに出会い、彼に一目惚れをするのですが、好き避けのせいで結果はやはり相手に嫌われてしまい…。何度反省をしても、全然改められない自分のクセ。好きな人に「スキ」と言えるようになりたい!そう決めた私はカウンセリングへ行くことにしたのですが、そこにいたのは――!? 【恋するソワレ】この作品は「恋するソワレ」2019年Vol.2に収録されています。

雑誌500誌・マンガ3.5万冊が読み放題