未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~ |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~(1)

著者  :カミタニ
出版社名:ソルマーレ編集部
掲載誌 :桃色エンジェル

未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~の詳細

あらすじ:

「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】

未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~の提供中サービス

  • ブック放題

シリーズ

    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (2)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (3)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (4)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (5)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (6)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (7)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (8)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (9)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (10)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (11)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (12)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (13)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】
    • 未来嫁 ~自分の妻を寝取る俺~
      (14)
      カミタニ
      「私、あなたのお嫁さんです!」 サービス残業で疲れて帰ってきた主人公宅に、知らない女性が立っていた。一目惚れがあるなら、きっとこれがそうなんだろうな。香澄と名乗るその女性は、自分の未来の嫁だという。女性と付き合ったこともないのに信じられるか!? けれど彼女は、自分の生まれや家族構成や愛犬のことまで知っていて…。怪しいとは思いつつも、一晩泊めてしまう主人公。そして真夜中、彼女が突然服を脱ぎ出して言った――「あなたの赤ちゃんが欲しいの」。初めて女性を触る暗がりと静寂の中、緊張と興奮で、心音だけが痛いほど鳴り響いていた。すべてを受け入れ許してくれる、そんな人と出会うことなんて、ないと思っていたのに。【桃色エンジェル】

雑誌500誌・マンガ3.5万冊が読み放題