ダービージョッキー |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

ダービージョッキー(1)

著者  :一色登希彦・武豊・工藤晋
出版社名:電書バト

ダービージョッキーの詳細

あらすじ:

馬が大好きだという思いから競馬学校に入学して騎手を目指す上杉圭(うえすぎ・けい)。まもなく卒業を迎えるというのに成績がいまひとつの上杉は、誰もが手を焼く難しい練習馬「フラワーカンパニー」と出会って……!?少年が様々な試練を乗り越えながらジョッキーとして大成していく……天才騎手・武豊が原案を担当した、競馬の世界を舞台にした青春群像劇!

ダービージョッキーの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

シリーズ

    • ダービージョッキー
      (2)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      気持ちがわかりあえた「フラワーカンパニー」を、レース中の骨折により失ってしまった上杉圭(うえすぎ・けい)は、それから騎乗するたびにフラワーカンパニーの事故を思い出して、騎手として致命的状態に。そんな上杉に対して退学をすすめる教官の本間(ほんま)は、彼をフラワーカンパニーの墓参に連れて行く。そこで上杉は、馬主の女性・加奈崎(かなざき)と話をして……!?
    • ダービージョッキー
      (3)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      ベテラン騎手・川中島(かわなかじま)のお手馬・ビアンカに騎乗してデビューすることになった上杉圭(うえすぎ・けい)。同期の鷹山(たかやま)や天才騎手・安斉(あんざい)を意識しながら、いいレースをしようと張り切る上杉だったが、スタート後の展開で川中島に翻弄されてしまう。そして上杉は、ビアンカが他馬に四方を囲まれて身動きできない事に焦っていくが……!?
    • ダービージョッキー
      (4)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      緊張感が走るダービー1週間前、ダービーを嫌う少女・武上茜(たけがみ・あかね)とベテラン騎手・川中島(かわなかじま)の過去を聞いた上杉圭(うえすぎ・けい)は、人の一生さえも左右するダービーの重さを知る。そしてダービー当日、天才騎手・安斉(あんざい)は、上杉へレースに臨む姿勢を話すとともにダービーの勝利宣言をして……!?
    • ダービージョッキー
      (5)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      関東の星・曽我(そが)のストーンローズ、ベテラン・川中島(かわなかじま)のジプシーキング、そして天才騎手・安斉(あんざい)のネオフィリア、強豪揃いの日本ダービーがついにスタートした。しかし、絶妙なスタートを切ったはずのネオフィリアは、なぜか最後方の位置取りでレースを展開していく。そして、上杉圭(うえすぎ・けい)は伝説となる瞬間を目の当たりに……!?
    • ダービージョッキー
      (6)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      ダービーの熱狂から数週間後、リーディング争いに加わる勢いで勝利していく上杉圭(うえすぎ・けい)は、体調を崩した同期・小林(こばやし)に乗り替わってチェリーブラッサムに騎乗することに。気性が激しいと評判のチェリーブラッサムは、スタート後にすごいスピードで先頭を走っていくが、コーナーになっても曲がる様子がなく、あわや観客席に激突しそうに……!?
    • ダービージョッキー
      (7)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      再びチェリーブラッサムに騎乗することになった上杉圭(うえすぎ・けい)。そこで、調教師と馬主から中団で抑える競馬をしてくれと注文された上杉は、その通りにレースを進めようとするが、チェリーブラッサムは他の馬が後ろにつくのを怖がってパニック寸前になってしまう。その時、上杉はチェリーブラッサムの運命を賭けて勝利を目指すが……!?
    • ダービージョッキー
      (8)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      驚異の新馬として1番人気になったフラワーカンパニーの弟馬・ラフカットジュエルに、新馬戦で騎乗することになった上杉圭(うえすぎ・けい)。初めての競馬場で緊張しているラフカットジュエルは、ゲート入りでテンションが変わり、スタートで大幅に出遅れてしまう。ラフカットジュエルの勝利は、誰もが絶望的だと考えていたのだが……!?
    • ダービージョッキー
      (9)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      ダービー馬・ネオフィリアに騎乗して菊花賞に臨む上杉圭(うえすぎ・けい)。曽我(そが)のストーンローズが先頭となってレースは展開していき、そこへ魔術士・カスティリオーニのレッドトルネードが仕掛けていく。そして、最後方で進めていた上杉のネオフィリアは、川中島(かわなかじま)の策を見抜いて、最内から抜け出して怒濤の追い込みをかけていき……!?
    • ダービージョッキー
      (10)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      朝日杯でゲート入りを嫌がったラフカットジュエルが暴走してしまい、思わず動揺する上杉圭(うえすぎ・けい)。小林(こばやし)のチェリーブラッサムや鷹山(たかやま)のシャイニングスターに追い抜かれて、生命力をなくしていくラフカットジュエルはついには競争中止になってしまう。そして、馬主の加奈崎(かなざき)にラフカットジュエルから降りてほしいと告げられた上杉は……!?
    • ダービージョッキー
      (11)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      調教師・武上(たけがみ)からラフカットジュエルとのコンビ解消を言い渡された上杉圭(うえすぎ・けい)。その後、馬主の大蔵(おおくら)からチェリーブラッサムの騎乗依頼を受けた上杉は、天才騎手・安斉(あんざい)が騎乗するラフカットジュエルと共同通信杯で対決することに。そして上杉は、困難なラフカットジュエルのゲートインをたやすく終えた安斉を見て……!?
    • ダービージョッキー
      (12)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      調教師・武上(たけがみ)と騎手時代からの深い因縁を持つ宮崎(みやざき)から、弥生賞でハッピーゴーラッキの騎乗を依頼された上杉圭(うえすぎ・けい)。巨大馬のハッピーゴーラッキに跨った上杉は、十分な手応えを感じて依頼を快諾する。しかし、宮崎の信念は騎手も馬もケガをさせない事であり、武上から勝負に徹しろと教えられていた上杉は、どんな競馬をしたらよいのか考え込んで……!?
    • ダービージョッキー
      (13)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      若葉ステークスで真田(さなだ)がラフカットジュエルに騎乗するのを知って動揺する上杉圭(うえすぎ・けい)。そこで、上杉と真田の確執を知る調教師・寺井(てらい)からダブルボランチの騎乗依頼をされた上杉は、真田へ敵意を抱きながら若葉ステークスに挑んでいく。しかし、好スタートを切ったラフカットジュエルが、真田により抑え込まれて恐怖心に苦しむ姿を見た上杉は怒りに燃えて……!?
    • ダービージョッキー
      (14)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      倒れた調教師・武上(たけがみ)に代わって厩舎を運営していく上杉圭(うえすぎ・けい)は、すっかり人間嫌いになってしまったラフカットジュエルに全力で尽くしていく。そんな上杉達の所に、すべての元凶となった真田(さなだ)が挑発するかのように訪れてくる。しかし上杉は、敵意を向けてくる真田に大切な馬であるビアンカの稽古を依頼して……!?
    • ダービージョッキー
      (15)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      桜花賞で2着に入賞して絶好調の上杉圭(うえすぎ・けい)は、カスティリオーニの言葉に「新しい世界」を意識する。一方、人間的に成長した真田(さなだ)は、調教師・大野(おおの)から騎乗依頼されたペリーウィンストンが、上杉の父親が関係している馬だと知る。そして、豪雨の中で発走となった皐月賞で、上杉は騎乗するチェリーブラッサムのみなぎる生命力を感じて……!?
    • ダービージョッキー
      (16)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      皐月賞の第4コーナー、ついに動き出した上杉圭(うえすぎ・けい)のチェリーブラッサム。それに応えて相馬(そうま)のブラックカイザーもスパートをかけていく。しかし、ブラックカイザーに落鉄というアクシデントが起こり、相馬は苦渋の決断をする。そして、鷹山(たかやま)のシャイニングスターが猛烈な末脚で迫る中、上杉の乗り方がチェリーブラッサムの底力を引き出して……!?
    • ダービージョッキー
      (17)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      ダービートライアルである青葉賞で対決する上杉圭(うえすぎ・けい)のラフカットジュエルと相馬(そうま)のブラックカイザー。しかし上杉と相馬は、ベテラン騎手・財津(ざいつ)の策略にはまって、馬群に行く手を塞がれてしまう。そんな時、大外を回り始めた相馬のブラックカイザーが驚異的なスピードを見せて、上杉のラフカットジュエルもまた大外から怒濤の追い上げを……!?
    • ダービージョッキー
      (18)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      NHKマイルカップでチェリーブラッサムを負かして強さを見せつけたザワールド。一方、アメリカへ旅立つ同期の女性騎手・里美(さとみ)と話した上杉圭(うえすぎ・けい)は、ザワールドやクイーンズライチを育て上げた人物が父親の健太郎(けんたろう)だと確信する。そして、競馬場で15年振りの再会を果たした上杉父子は……!?
    • ダービージョッキー
      (19)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      数十億円かけて育て上げたザワールドの驚異的な強さを見せられた上杉圭(うえすぎ・けい)は、競馬の本来の姿について父親・健太郎(けんたろう)へ問うが、競馬をやめた方がいいと言われてしまう。そして、競馬がわからなくなり苦悩する上杉は、レース中でも騎乗に集中できなくなる。そんな時、上杉の前方で落馬事故が起こってしまい……!?
    • ダービージョッキー
      (20)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      騎手を辞めようと考え始めた上杉圭(うえすぎ・けい)は、茜(あかね)の父親・武上修一(たけがみ・しゅういち)の墓参りで、父・健太郎(けんたろう)と出会う。そこで上杉は、友人同士であった健太郎と修一の過去と修一の真の姿を知る。そして、楽しくなければ騎手を辞めようと思っていた上杉は、ラフカットジュエルに振り落とされてしまい……!?
    • ダービージョッキー
      (21)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      いまだにスランプを抜けられない上杉圭(うえすぎ・けい)は、曽我(そが)や真田(さなだ)達の不器用な励ましで、徐々に調子を取り戻していく。その後、オークスの激闘を目の当たりにした上杉は、その日の最終レースで完全復活を果たす。そして、厩舎に急いで帰った上杉は、ラフカットジュエルに熱い気持ちを語り、皆の前で騎手を辞めないと宣言して……!?
    • ダービージョッキー
      (22)
      一色登希彦・武豊・工藤晋
      ついに3歳最強馬を決める日本ダービーがスタート!安斉(あんざい)のザワールド、カスティリオーニのチェリーブラッサム、相馬(そうま)のブラックカイザー、鷹山(たかやま)のシャイニングスター、そして上杉圭(うえすぎ・けい)のラフカットジュエル。騎手と競走馬、それぞれの熱い思いがぶつかり合う中、ダービージョッキーの称号を手にするのは……!?感動が駆け抜ける完結巻!!