夢のむこうで、君を抱きしめる |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

夢のむこうで、君を抱きしめる(1)

著者  :宮越和草
出版社名:グループ・ゼロ
掲載誌 :ラブ・ペイン・コミックス

夢のむこうで、君を抱きしめるの詳細

あらすじ:

早坂ゆず、女子大生。この夏から父の友人である霧島さん宅の居候になります。気が重い…。あれは3年前、初めてお宅にお邪魔した時、次男の昌幸さんに一目惚れした私は勢い余ってバレンタインデーに彼の大学に突撃!大胆にも校門で待ち伏せしてチョコを渡し告白!…結果「失せろ」という言葉を浴びせかけられ玉砕…。そんな過去があるのに…同居だなんて…。ところが再会した昌幸さんは驚くほど優しくて、このままじゃまた好きになりそう!その上、突然キスしてきたり…一体どういうつもり!?あまりの事にされるがままになってしまった私は、その時の昌幸さんがとても冷たい目をしていた事に、全く気が付いていませんでした――…。

夢のむこうで、君を抱きしめるの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題スポット
  • 読み放題マンション
  • 読み放題プレミアム

シリーズ

    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (2)
      宮越和草
      これって一体どういう状況!?昌幸さんは私の事嫌いだと思っていたのに、突然過ぎて何が何だかわからないよ!!でも気持ちいい……じゃなくて!!「変なことしないで下さい!!」い、言えた…。もうちょっと早く言わなきゃいけなかった…(*ノω・*)テヘ だけど昌幸さんは冷たい目で私を見て、こう言った。「今まで散々夢の中で俺を苦しめてきたくせに」はぁ?何の事?
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (3)
      宮越和草
      私ったら思わず何てことを!でもでもまさか…昌幸さんがOKするだなんて……。自分自身も昌幸さんもよくわからないよ~~~!!!だけど付き合うとなったら昌幸さんは積極的で、早速ドライブデートすることになってしまった!!複雑…。デートの途中で実家に忘れ物を取りに寄って、色々あって昌幸さんに押し倒されちゃった!!はわわわわ、はわわわわ!!
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (4)
      宮越和草
      ドアの向こうにお兄さんがいるのに!昌幸さん何考えてるの~~~~!!?お兄さんには、「今、着替えているから」と言って誤魔化したけど、お兄さんがいなくなった後も昌幸さんは止めてくれない。「嫌ならはねのけろ」だなんて、嫌な訳ないじゃない…。でも…でも…こういう事はもっと…ちゃんと…。ああああああぁああぁん、どうしたら良いの~~~!!!??!!!!
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (5)
      宮越和草
      今までもこんなシチュエーション何回かあったけど、ずっと寸止めだった。でもでも今回は何かが違う!本当に本当にようやく、私たち、結ばれるんですね…!
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (6)
      宮越和草
      昌幸さんは私たちのことを霧島さんに報告してくれた。霧島さんがなんだか複雑な様子だったのは気になるけど、これで私たちは晴れて公認の仲に!旅行先も決まったし、先行きは明るいわ!そんなある日、真樹さんと二人きりに……。え…真樹さん、やめて下さい!!私には昌幸さんが…!!
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (7)
      宮越和草
      「昌幸のどこがいいわけ?」そう言って私を引き寄せた真樹さんはなんだかすごく怖くて…。「お前は俺のものになれ」突然、乱暴に…!嫌!嫌!助けて!!昌幸さん…!昌幸さん以外の人に触られたくない…!
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (8)
      宮越和草
      若い女の人ーー…?突然掛かってきた電話の相手に戸惑っていると、昌幸さんに応対を代わられた。昌幸さん、楽しそうに話してる。昌幸さんに女性の知り合いがいたっておかしくないし、別に良いんだけど…何だろう、胸のあたりがチクチクする。
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (9)
      宮越和草
      霧島さんが倒れる夢を見たと昌幸さんは言った。急いで帰路に就く車中、私はあの日の事を思い出していた。あの日ー…お母さんが死んだ日。また…あんな思いをするの?
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (10)
      宮越和草
      真樹さんと昌幸さんの間に入ったのは雅志くんだった。一番下の雅志くんに怒られて真樹さんは帰ってしまった。ありがとう雅志くん…。私も、自分に出来ることをしなければ。そんな折、昌幸さんがまた例の女の夢を見た。
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (11)
      宮越和草
      最近昌幸さんの様子がおかしい。私に何か…隠し事をしている。何でも言って欲しいのにどうして話してくれないの?そんな折、優香さんが霧島さんのお見舞いにやって来た。優香さんは私の知らない昌幸さんの事をよく知っていて、昌幸さんも優香さんとお喋りするの楽しそうで…。昌幸さん…優香さんの方がお似合いなんじゃ…。
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (12)
      宮越和草
      そして私たちは水原さんの別荘に向かって出発した。途中、海岸の展望台で休んでいた時、不意に昌幸さんに母のことを訊かれた。母は優しい人だったけど、どうして急にそんなこと…?母は昔、私と同じ髪型でそっくりだったから、もしかして昌幸さんの夢の女って母だったりして……な?んて、そんなことあるわけないか(笑)
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (13)
      宮越和草
      水原夫人は、私たちを見て何かを思い出したようだった。なんだろう…。一方、昌幸さんと私は別荘の庭へ。ここが昌幸さんが予知夢を見るようになったきっかけの場所。何かわかるだろうか……。
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (14)
      宮越和草
      …どういうこと?なんで…なんで…昌幸さん……。昌幸さんは弁解してくれたけど、私は自分の感情がコントロール出来ない。このままだと私…昌幸さんの夢の女みたいになってしまう…。
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (15)
      宮越和草
      倒れた昌幸さんは病院へ運ばれた。こんこんと眠り続ける昌幸さん…。目覚める気配はない。真樹さんの後悔、霧島さんの心配、その全てが届かない…。昌幸さんは今、何処にいるの?その頃昌幸さんは、ある“夢”を見ていた。
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (16)
      宮越和草
      霧島に振られた後、桜子は予知夢を無視するようになった。そして力は薄れ…高校を卒業後、再会した早坂と交際を始める。しばらくして結婚を決めた桜子と早坂は、水原邸で久々に霧島と会う。既に結婚し、真樹と昌幸という二人の息子に恵まれ幸せそうな霧島を見て、桜子の中に僅かに残っていた霧島への想いが、黒い感情となって湧き出していた…。
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (17)
      宮越和草
      交通事故に遭い、突然の死を迎える桜子。その瞬間桜子は、いつか会った老人の姿を見、声を聞く。「予知夢を見る者は魂が彷徨う事になる」「不幸の連鎖が成立した」老人の姿は髪の長い頃の自分の姿となり、桜子はその中に吸い込まれる。夢の女は、予知夢の力であり、運命でもあった。
    • 夢のむこうで、君を抱きしめる
      (18)
      宮越和草
      桜子の最期の想いは昌幸により早坂に伝わった。桜子からの愛の言葉に胸打たれる早坂。昌幸は、桜子に誓ったように早坂にもゆずとは結婚を前提に交際していると告げる――。時を超えたミスティカル・ラブ・ファンタジー遂に完結!!