ケイの凄春 |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

ケイの凄春(1)

著者  :小島剛夕・小池一夫
出版社名:グループ・ゼロ
掲載誌 :マンガの金字塔

ケイの凄春の詳細

あらすじ:

春まだ浅き北国街道。松代通りの須坂近く……。野宿していた証刑一郎こと“ケイ”は、ふとしたことで美しい大名主の娘・小夜の家の客人となった。だが、そこには小夜を力ずくで奪おうとする卑劣な武士がいた。見逃すわけにはいかん!とケイは怒りの刀を抜いた。まっすぐな青春を描いた時代巨編、堂々のスタート!

ケイの凄春の提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

シリーズ

    • ケイの凄春
      (2)
      小島剛夕・小池一夫
      梅雨入りの夕焼け空。浅間三宿の一つ軽井沢宿。“ケイ”は、五十人以上もの食売人(おんな)を抱える旅籠の女将に頼みごとをされるが…。主の命も親の命もかえりみず、愛する女性(ひと)を探してさすらう若者“ケイ”の過去には、どんな事情(わけ)があったのか?
    • ケイの凄春
      (3)
      小島剛夕・小池一夫
      北国街道、戸倉宿に向かって死に物狂いで走り続けるケイ…。愛する女性(おんな)を見つけつるために。別れとは、愛し合った二人が互いの心に傷を持ち、その傷を一生……抱き続けることなのか……。たった一つの愛を探し求め、果てなき荊棘(いばら)の道を進むケイ。
    • ケイの凄春
      (4)
      小島剛夕・小池一夫
      人の運命を狂わした遠眼鏡(とおめがね)を上田城から奪ったケイと浪人・真壁一郎太は、追っ手の鉢屋衆に襲われ、死闘の末に破ったが真壁は深手を負って倒れた。虫の息の下で真壁は鴉の欲太郎との不思議な出会いをケイに語る……。そしてケイは姫街道、丸子宿へ。ますます冴える時代劇画の超大作!!
    • ケイの凄春
      (5)
      小島剛夕・小池一夫
      強盗殺人の咎により諏訪藩下筋代官所に囚われてしまったケイ。牢中で厳しい拷問を受けながらもケイは、無実を証明するために今日までに至る己の道程と生き様を同心・黒沢伝兵衛に打ち明けるのだった―――。過去に類を見ぬ時代劇画大作、物語の核心へと展開!!
    • ケイの凄春
      (6)
      小島剛夕・小池一夫
      父の死より閉ざされて七年(ななとせ)、父の厳命により泳げぬフリをしていた刑一郎(ケイ)だったが、ついに晴れの舞台がやってきた。それは水府流水術の初代指南の栄を担って藩候(との)の御前で水の舞を披露することあった。だが、それはケイと可憐の新たな悲劇の始まりでもあった……。絶頂!小池一夫&小島剛夕の愛と感動の時代劇画!
    • ケイの凄春
      (7)
      小島剛夕・小池一夫
      武士である前に人として生き、可憐を再びこの手で抱きとってやりたい――と、殿に背き藩を捨て、士道を踏み外してまで愛する一人の女性を追わんとする刑一郎の涙の執念。人としての証を一歩ずつ刻みながら、荊(いばら)の路を切り開いて進むケイの哀しき男道!話題独占の小池一夫・小島剛夕の異色の時代力作!!
    • ケイの凄春
      (8)
      小島剛夕・小池一夫
      晴れて冤罪が解け、かすかな手がかりをたよりに再び旅に出た刑一郎。だが、可憐の消息は信濃路で途絶えてしまっていた。夏が去り、秋が行き、そして寒い冬の到来。ただひたすら可憐を追い続けるケイだが、果たして春が訪れるのはいつの日か……。小池一夫・小島剛夕の巨匠コンビによる劇画界最高の力作!!
    • ケイの凄春
      (9)
      小島剛夕・小池一夫
      出奔して五年(ごとせ)、草津の湯治場でもの想う可憐。ケイを忘れぬ限り幸せはないのだろうか……。ケイのために自らを犠牲にして堕ちた地獄に何の幸せがあるのだろうか。ケイさま以外に許したことのないこの肌に、これから見知らぬ男の手が這うのだと思った時、乾いていた眼から血の涙がほとばしった……。一千万の読者の感涙を呼ぶ青春時代劇画大作!!
    • ケイの凄春
      (10)
      小島剛夕・小池一夫
      冬山で遭難したケイは女猟師に命を救われた。だが、救われた命と可憐を探す手掛かりとなる『風の過去帳』とを引き換えに、ケイは女猟師の煩悩の地獄に堕ちた……。愛を描く小池一夫・小島剛夕のコンビの筆がますます冴える青春時代劇画大作!!
    • ケイの凄春
      (11)
      小島剛夕・小池一夫
      可憐の手掛かりをつかみ江戸・吉原に現われたケイ。もし何事も無ければ可憐を娶り、子を為して、人もうらやむ水府の指南役として尊敬され、禄を食み、幸せな日々をすごしていたであろう。だが、今や遊郭のネズミにまで堕ちたケイ。耐えに耐えて想うは可憐のことばかり…“可憐よ、お前は今何処に……”。
    • ケイの凄春
      (12)
      小島剛夕・小池一夫
      故郷を捨て、武士の命である刀も捨て、たとえ生命つき果つるとも、魂になってまで未来永劫愛する許嫁を探し続けてきたケイ。今、その出会いの日が遂にやってきた……。重厚なコンビが心血を注いで描き、ファンの感涙を呼ぶ青春時代大作がついに最高最大の感動の時を迎える。
    • ケイの凄春
      (13)
      小島剛夕・小池一夫
      辛く厳しい苦難の道の果てに、ケイと可憐は遂にめぐり逢った。もはや二人の愛は永遠に離れることの無い、固い結びつきであった。そして大川のほとりの村で今、ケイと可憐の新しい生活が始まろうとしていた。それは流浪の終わり、幸せの始まりでもあった。若い男女の愛を極限まで追求し、物語は佳境へと展開していく。
    • ケイの凄春
      (14)
      小島剛夕・小池一夫
      長い苦難の旅を続け、ようやく伴侶と巡り逢う事ができたケイは、百姓として生きる決意を固めた。だが平和なその村にも次々と災難が襲いかかってきた。妻や生れ来る子のため、そして村を守るためケイは、命を賭けて困難に立ち向かって行く。世代を超えて共感を呼んだ感動の時代大作ここに二人の青春の長い旅路は終る。

雑誌500誌・マンガ3.5万冊が読み放題