愛と復讐の挽歌 |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

愛と復讐の挽歌(1)

著者  :勘崎順次・倉科遼
出版社名:グループ・ゼロ

愛と復讐の挽歌の詳細

あらすじ:

大学ラグビーを代表するウイング、村田恭平と仲尾達哉。家柄、財力全てで恭平よりも上の達哉だったが、ラグビーと恋では負けていた。達哉も好きだった宗像香織は、恭平の恋人になっている。しかし突然、恭平は父を殺され、家に放火されて母と妹まで失ってしまった。総理を狙う達哉の父・仲尾達弘とその手先の暴力団の仕業と知った恭平は、真実を暴こうとして半殺しの目に遭わされる。香織も達哉に奪われ、失意の恭平は外国へ逃げた。人生を諦め、フィリピンでカティとマリアの二人の売春婦に養われていたところへ、ヤクザの滝沢が現れる。滝沢に説得され、仲尾を倒す為に共闘することを誓った恭平は、新しい戸籍と名前を手に入れ、復讐の鬼となって起った!

愛と復讐の挽歌の提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

シリーズ

    • 愛と復讐の挽歌
      (2)
      勘崎順次・倉科遼
      佐伯修造として日本に帰ってきた恭平は、滝沢にフィリピンクラブを任され、現総理・仲尾達弘のライバル・民自党代議士の武上を紹介された。武上をバック・アップし、総理にすることで仲尾を追い落とすことが出来るのだ。クラブでは、滝沢の白陵会に敵対する侠真会にチンピラの嫌がらせを受けていた。侠真会の上の邪道連合が仲尾の裏を支えている。恭平は侠真会組長の女・潤をたらしこんだ恭平は、彼女の密告によって警察を動かし、侠真会を潰した。またカティとマリアをフィリピンから呼び寄せる。邪道連合は潰された侠真会の代わりに、東々会の若頭・山口に赤坂を任せた。山口こそ仲尾の手先として、恭平の家族を殺した男である。時はバブル期直前…。
    • 愛と復讐の挽歌
      (3)
      勘崎順次・倉科遼
      滝沢は恭平を白陵会の上部組織・虎風会会長・石峰と、東西相互銀行副頭取の細川に引き合わせる。バブル到来の前に土地と株を買い漁る資金を調達してもらうためだ。恭平は仲尾のスポンサーである武王グループをターゲットに決め、不動産スペシャリストの末田と株のスペシャリスト・中江を迎えた。しかし山口が恭平の店を探り始める。恭平の身を案じたマリアが山口に接近するが、却って山口に捕らわれ、覚醒剤中毒に。正体がばれないうちにと、恭平は潤を使って山口をおびき出し、その隙にマリアを救出した。マリアから覚醒剤を抜いた後、恭平は再会した香織を呼び出し、抱く。しかしもう、かつてのような情熱は失われていた。
    • 愛と復讐の挽歌
      (4)
      勘崎順次・倉科遼
      山口の手から逃れる為に、新宿に店を移した恭平。マリアとカティをママに据え、末田の土地買収のため地主を招待させる。佐伯修造についての捜査が、マニラに及んでいることを知った恭平は滝沢と共にマニラに飛び、佐伯が恭平だと知った福山と侠真会の男に、麻薬密売の罪を被せて消した。武王グループが計画している新宿黄金街の地上げを妨害し、併せて武王電鉄の株を買い漁っていく末田と中江。恭平は自分の子どもを身ごもった香織に、産ませる決心をした。警察の捜査が入り、地上げの遅れで窮地に追い込まれていく邪道連合。プラザ合意で円安ドル高が容認され、日本経済はバブル突入! 狂乱の好景気が到来した。
    • 愛と復讐の挽歌
      (5)
      勘崎順次・倉科遼
      内部抗争が激化する邪道会。そこへ覚醒剤の嫌疑で邪道会の各組に警察の一斉手入れが行われた。反会長派の江波戸派に全ての罪を被せようと提言し、それが容れられ新宿に飲みに出た山口は、マリアを発見し、店を張らせる。山口の警察への報告で、江波戸が捕らえられようとした矢先、邪道会会長の岩淵と№2の小堀が暗殺された。恭平たちのために資金に窮し、邪道連合を裏の解決に使えなくなった武王は、最早これまでと仲尾への選挙資金提供を拒んだ。会長たちを殺したヒットマンを追う山口に、仲尾が全ては佐伯の仕業だと告げる。山口は手下を新宿の店に急行させ、逃亡寸前のカティとマリアを拉致した。そして恭平にも国税局の手が…。
    • 愛と復讐の挽歌
      (6)
      勘崎順次・倉科遼
      滝沢は恭平にすぐ高飛びしろと命じたが、カティとマリアの救出を優先する恭平。翌朝佐伯コーポレーションに警視庁の一斉手入れが行われる夜、香織の身ごもったのが恭平の子だと達哉に知れ、佐伯の正体がついに山口にばれた。武王の資金を断たれた仲尾総理は自殺し、香織に逃げられた達哉も自殺する。江波戸組が山口たちを襲撃した混乱に乗じて、恭平はカティとマリアを奪還。山口を殺害して復讐を果たした。会長から恭平を始末しろと命じられていた滝沢だが、人間として恭平を好きになっていた彼は、二度と日本人の目に付かない生活を送ることを条件に、恭平とカティ、マリア、そして香織をフィリピンへと逃がす。過酷な復讐ドラマは、ここに終焉を迎えた。