カケル |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

カケル(1)

著者  :竹下堅次朗
出版社名:クリーク・アンド・リバー社

カケルの詳細

あらすじ:

「走り過ぎるとオレの”目”はもう一つの世界を映し出す!」 高校生、台場駆は生まれつき、視覚、触覚、味覚、嗅覚、聴覚が異常に鋭くなる能力を持っていた。ガールフレンドの夏目葵が突然消えた事件で、初めてその力を使うことになるのだが果たして?(『失踪少女』) バカンスのつもりで訪れた島で、連続殺人事件に巻き込まれてしまうものの…(『欲望の孤島』<前編>) ミステリーを超えた超ミステリーコミックの第1巻が電子書籍で登場!

カケルの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

シリーズ

    • カケル
      (2)
      竹下堅次朗
      「光を聴き、音を嗅ぎ、匂いを味わい、味に触れ、触感を見る!」 生まれつき”五感鋭敏”をもつ台場駆は、その能力ゆえか、あるいは運命か、つぎつぎと奇怪な事件に巻き込まれていく! 呪われた神生島で起きた連続殺人の真相は?(『欲望の孤島』決着編) ふたたび葵がさらわれた? しかもそれはカケルの十七歳の誕生日…(『乙女疾走』)、同級生のふたりを狙う”視線”の正体を追うことになるが?(『視線を越えて』<前編>) ミステリーを超えた超ミステリーコミックの第2巻が電子書籍で登場!
    • カケル
      (3)
      竹下堅次朗
      「光を聴き、音を嗅ぎ、匂いを味わい、味に触れ、触感を見る!」 生まれつき”五感鋭敏”をもつ台場駆は、その能力ゆえか、あるいは運命か、つぎつぎと奇怪な事件に巻き込まれていく! カケルの同級生、鶴田由美に対して繰り返される数々の陰湿な嫌がらせ。偏愛ゆえの暴走か? しかしいったいだれが?(『視線を越えて』<後編>) そしてカケル以外に”五感鋭敏”をもつ男があらわれ…(『業火怨情』<前編>) ミステリーを超えた超ミステリーコミックの第3巻が電子書籍で登場!
    • カケル
      (4)
      竹下堅次朗
      「おまえが勝ったらおまえの知りたいことすべて答えてやる」 ”五感鋭敏”をもつもう一人の男がカケルの前に現れた。妖しく輝く瞳の男、その名はサトル! 連続放火事件を舞台に繰り広げられる、カケルとサトルの”五感鋭敏”対決!(『業火怨情』<後編>) カケルの正体がついに明かされ、サトルに生きる意味を問われることになり…(『罪人の詩』) 合気道に入門したカケル。そして同じ武術を使う連続通り魔と闘うことに!(『一色即制』) ミステリーを超えた超ミステリーコミックの第4巻が電子書籍で登場!
    • カケル
      (5)
      竹下堅次朗
      生まれつき”五感鋭敏”をもつ台場駆(カケル)の行く手には必ず事件あり! 町で拾った黒猫をめぐり一騒動?(『黒猫探偵』) 15歳のスーパーアイドル女王玲子が合気道道場に?(『女王襲来』) カケルのライバル(?)、サトルの知られざる稼業とは…(『廃屋天使』) 修学旅行先、京都で巻き込まれた怪事件! 子供達がつぎつぎと姿を消すその理由は? はたして伝説の鬼女の仕業なのだろうか?(『神隠しの都』) そして女王玲子がカケルの学校に転校?(『女王再来』<前編>) ミステリーを超えた超ミステリーコミックの第5巻が電子書籍で登場!
    • カケル
      (6)
      竹下堅次朗
      ”五感鋭敏”をもつ台場駆(カケル)に安息のときは無し! スーパーアイドル女王玲子が転校してきた。そして校内で巻き起こる盗撮騒動!(『女王再来』<後編>) カケルはついに恋人の夏目葵と結ばれるときが…。しかし彼女には忌まわしき過去が封印されていた! 思いもしなかった事実にカケルの中で殺意がめざめる!(『愛情物語』・『向日葵娘』) 女王玲子のクラスに転入してきた美少年、紫堂輪。その美しい顔の裏に潜むものは?(『運命の輪』<前編>) ミステリーを超えた超ミステリーコミックの第6巻が電子書籍で登場! 
    • カケル
      (7)
      竹下堅次朗
      ”五感鋭敏”を持つ台場駆(カケル)、ひとよりも秀でたその能力ゆえに苦境にたたされる羽目に! 女王玲子のクラスに転入してきた美少年、紫堂輪は他人の嫉妬や憎しみを巧みにあおり、生徒達を思いのままに動かしていった。そして輪の背後には?(『運命の輪』<後編>) カケルが町で出会った少女、唱。追いはぎをはたらく彼女を追いかけるのだが?(『生命讃歌』<前編>) ミステリーを超えた超ミステリーコミックの第7巻が電子書籍で登場!
    • カケル
      (8)
      竹下堅次朗
      ”五感鋭敏”をもつ台場駆(カケル)がふたたび怪事件に巻き込まれた! カケルが町で出会った少女、唱は、七年前に生き別れになった双子の祈をさがしているという。やがて出会えた双子。しかし祈は家出をしてしまった。五感を駆使して祈を探し出したカケル。だがカケルの目の前に現れた祈は、もはや少女と呼べる存在ではなくなっていた… 愛と生命の存在を問う『生命讃歌』驚愕の完結編! ミステリーを超えた超ミステリーコミックの第8巻が電子書籍で登場!
    • カケル
      (9)
      竹下堅次朗
      「天然で『虚空録』と合一<アクセス>し得る者…台場駆だ」 闇の男、サトルがカケルの『創像力』を手にいれるがため、ついに動きだした! しかしサトルの配下、赤井號と桃井薫の裏切り、事態は思わぬ方向へ… カケルの目の前で赤井號が100m走日本記録保持者を殺す。しかしその後、日本中を沸かした彼の存在をだれもしらないと口にする。いったいなにが?(『記憶喪失』) カケルに思いを寄せる孤独なアイドル、女王玲子にも赤井號と桃井薫の魔の手が。(『傷心物語』) そしてついにカケルとサトルの一騎打ち…なるか?(『白鳥の歌』・『駆ける少年』) ミステリーを超えた超ミステリーコミックの最終巻が電子書籍で登場!