野獣警察 |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

野獣警察(1)

著者  :みね武・西塔紅一
出版社名:グループ・ゼロ

野獣警察の詳細

あらすじ:

俺は金と女がたまらなく好きな、私立探偵の日暮掟。素っ裸でビルから落下した女を目撃した。すぐに犯人らしき二人がビルから出てきたのを追う。それは政界のドン・平沼義太郎の秘書・前川と、孫の憲太郎だった。祖父の地盤を継いで代議士に立候補する憲田郎が覚醒剤中毒の愛人を処分したという図式だ。俺は目をつむる代わりに1億円を要求してやった。ところが相手の払ったのは、3百万円。前川は毒殺された。俺を舐めるな!

野獣警察の提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

シリーズ

    • 野獣警察
      (2)
      みね武・西塔紅一
      源氏名「千姫」と呼ばれるトルコ嬢。本名を江原万里といい、名門女子高校の2年生で父親は著名な大学教授だった。名うてのスケコマシ・沢村に引っ掛かり、麻薬の味を覚えさせられている。彼女の親に頼まれた俺は、万里を拉致して、沢村が恐喝に使っていた万里のセックス写真を奪った。廃ビルの一室に万里を閉じこめて隔離し、沢村が父親から奪おうとした2千万を横取りしてやる。後は万里の身体から麻薬が抜けるまで、徹底的に付き合うぜ。
    • 野獣警察
      (3)
      みね武・西塔紅一
      歌麿の大錦枕絵帖「歌まくら」を、所蔵していた西沢史子から強引に1千万円で買い取った志賀。こいつは政財界のドンで、気違いじみた浮世絵コレクターなんだ。史子の処女を代償に取り返す依頼を受けた俺は、志賀を攫い「歌まくら」と売買契約書を奪った。でも史子から本気で惚れられそうになった俺は、もう一度抱く代わりに1千万円を史子から礼金として取り、ビンタを喰らうことにしたよ。「マッド・コレクター」以下「殺人レース」「裸舞スタジアム」「オカルト殺人事件」「アクションスターの秘密」「悪い奴らが踊るとき」「さらば友よ!」全7話
    • 野獣警察
      (4)
      みね武・西塔紅一
      この所旨い話にありつけなかった俺は、高利貸しのオバチャンに金を借りて、色っぽくも恐ろしい取立てに悩まされていた。そこへ入ってきた混線電話で、5億円の儲け話を知り、乗ることにする。仕事は、KO組が覚醒剤の取引に使う金を強奪するというものだった。見事成功するが実は刑事の石神が陰で糸を引いていた。電話の混線だと思ったのは、こいつの仕業だったのだ。石神は俺を殺して金を独り占めする気でいたのだが、オバチャンが拳銃を差し入れてくれたお蔭で形勢逆転。借金を返してたっぷりお釣りがくる筈だったのに…。
    • 野獣警察
      (5)
      みね武・西塔紅一
      参議院議員滝沢英介が、俺に小高栄太郎の暗殺を頼んできた。次の選挙で一つの議席を奪い合う敵である。俺は殺し屋じゃないと断ったのだが、もう小高のほうも殺し屋を差し向けていた。その殺し屋は大西政次郎。二人の子持ちで、末期癌の妻を抱えている。俺は大西の仕事を邪魔せずに、滝沢をぶった切るのを傍観した。だが小高は奴に金を払う気は無く、抹殺にかかる。大西は俺を逃がして、自分一人蜂の巣になって死んだ。俺は小高のもとに乗り込んで、5億円を分捕って小高をぶっ殺し、金を大西の妻子に届けてやることにする。
    • 野獣警察
      (6)
      みね武・西塔紅一
      女の子たちとヨットでバカンスを楽しんでいる俺を、でかいクルーザーから見下ろして笑った坊主・日恵。海に金をばら撒いて、女の子たちに拾わせやがった。怒った俺は、日恵がマリファナを使って信者の資産を吸い上げていることを調べ上げると、密輸ルートを潰し、下駄の鼻緒のために大麻栽培を行っている場所を襲ってきた日恵の手下を皆殺しにした。クルーザーで国外逃亡を図った日恵を捕まえ、船首に吊るして奴の持ち出した5億円を海にばら撒いてやったぜ!
    • 野獣警察
      (7)
      みね武・西塔紅一
      リンチに遭って半死半生のところを、美歌という女に救われた。極東商事の中川という奴が、長年担当していたトラブル処理の手記を盾に、社長や幹部社員から5億円を脅し取ろうとしていて、その調停を2億円で請け負った仕事中の出来事だ。2億円を奪われてしまったのだが、そいつらは中川の手下ではなかった。手記が公開され、社長以下幹部の辞任騒ぎになったが、筆頭副社長の藤岡だけ含まれていない。仕組んだのは、藤岡だ! 身体の癒えた俺は、藤岡の手先だった美歌を逆利用して…。
    • 野獣警察
      (8)
      みね武・西塔紅一
      膣痙攣癖のある女にハメられて、大企業数社の顧問弁護士を勤める本堂康隆に捕まってしまった俺。戦時中に男根を失った本堂は、セックスの代わりに狩猟に興じていた。俺を獲物に人間狩りを楽しもうというのだ。素っ裸で無人島に放たれた俺を、本堂とその妻が猟銃で追う。俺はそれでも何とか反撃し、二人を倒した。しかし膣痙攣の恐怖を覚えてしまった俺は、インポになっちまって…。「人間狩り」以下「ザ・メンズファッション」「まぶたの父」「白い獣たち」「女豹vs野獣」「死刑囚の腎臓」「ポートピア特別ショー」を収録。
    • 野獣警察
      (9)
      みね武・西塔紅一
      兜町の風雲児・織田藤吉郎の息子・秀男が、命を狙われている。秀男が友人と輪姦した女の子が自殺して、その兄・白石正太郎が復讐を図っているのだ。白石殺害を5億円で引き受けた俺は、ガス爆発に巻き込まれて逆に白石に助けられる羽目になった。その事がバレて、俺は藤吉郎に白石の隠れ場所を白状しろと言われ、線路に縛り付けられる。その俺を救いにきて、白石は殺された。怒った俺は秀男をさらって線路に縛り付け、電車に轢かせた上、その電車に身代金を持って乗っていた藤吉郎を狙撃してやった。
    • 野獣警察
      (10)
      みね武・西塔紅一
      大森派の陰の女王・赤桐嵐子が、命を狙われだした。大森が彼女の存在を煙たがりだしたのだ。俺がガードしているために失敗続きだったが、奴は悪徳刑事の石神を動かしてきた。罠にはめられた俺は嵐子殺害の犯人として捕らえられたが、逆襲に転じて石神から大森が嵐子暗殺の念書を奪い取る。もうこれまでと、大森は自殺を図ったが、俺はそれを阻止してやった。生き恥をさらしやがれ!「生かして殺せ!!」以下「たった一人のファン」「ダイヤモンド・ドッグ」「セクシー・ペンタゴン」「黄金の日々」「サディスティック・シンフォニー」を収録。
    • 野獣警察
      (11)
      みね武・西塔紅一
      映画に出演した俺は、本番女優として競演している人妻の松村香代とセックスした。魔羅兄弟となった香代の夫は末期癌で、癌の特効薬を開発したという国立成人病センターの犬養にかなりの金を要求されており、それを工面するために本番女優をしているのだ。だがその後、香代の夫が俺を訪ねてきて、香代が自分の目の前で犬養に犯されたことを訴え、犬養を殺してくれと頼んで自殺した。魔羅兄弟の頼みは断れねえ。俺はダイナマイトで犬養の奴をぶっ飛ばしてやった。
    • 野獣警察
      (12)
      みね武・西塔紅一
      俺は帝龍会の秘密賭博場の現金輸送車を襲って、2億円を強奪した。その事件を担当したのが、警視庁殺人課第七捜査室主任岬マコ警部。ナイス・バディの二十五歳だが、何とまだ処女! 現金強奪犯が俺だと踏んで捕らえにきたのを幸い、頂いてしまうつもりだったのだが、そこへ帝龍会も押し入ってきて、俺とマコも捕まってしまった。そんな時のために用意しておいた偽隠し場所で、俺とマコは中に入れておいた拳銃を使い反撃。勿論正当防衛で、一味を皆殺しにしてやった。
    • 野獣警察
      (13)
      みね武・西塔紅一
      タレントのヒロコがTVで暴走族をこき下ろしたことで、関東最大の暴走族『天狼』に付け狙われていた。それを助けた俺は、ヒロコの知人の別荘に一緒に篭ったが、奴らの襲撃を受け、俺はリンチを受け、ヒロコのマネージャーの一恵は五十人以上に犯され死ぬ。辛うじて生き残った俺は、トレーラートラックを使って『天狼』のリーダーを引きずりながら仲間をバイクごと轢き潰してやった。一人じゃ何もできねえ奴は、何百人集まったって何も出来はしねえんだよ!
    • 野獣警察
      (14)
      みね武・西塔紅一
      戦前戦後利権漁りを続けてのし上がってきた西蓮寺賢三と、その一人娘の鏡子。各界のVIPを集めてパーティを開く際のアトラクションに、本物の殺し合いを見世物にするという。無理やりそこに出場させられた俺は、対戦相手のプロレスラー・雷電に勝つが、彼の命を救う代わりに虎の餌にされそうになった。しかし雷電が西蓮寺を人質にとって、俺を助けてくれる。俺と雷電は西蓮寺父娘を、無線起爆装置付きのダイナマイトとともに、街中でさらし者にしてやった。
    • 野獣警察
      (15)
      みね武・西塔紅一
      トップ俳優で歌手の葵淳之介。奴が自分の地位を危うくしそうなライバル・志摩大介を惨殺した証拠写真を俺が入手したことで、葵とその取り巻きに捕まってしまった。飲まず食わずのままリンチを受け、大きな鉄球につながれたまま無人島に置き去りにされる。だが豊富なサバイバル知識で生き延びた俺は、戻ってきた葵を逆に罠で串刺しにして銃を奪い、取り巻きどもも皆殺しにしてやった。
    • 野獣警察
      (16)
      みね武・西塔紅一
      三億円かけて事務所兼ゴージャスなハウス・バスを作った俺。銀座№1ホステスを口説き落として、やっとベッド・インしたところを掻っ攫って行った五井財閥のどら息子・五井美貴夫の特別仕様のキャデラックに対抗するためだ。勿論その費用は、美貴夫の裏口入学を突いて脅し取る予定。十億円吹っかけてやった。だが案の定、奴は札束の中に刺客を隠して俺を銃撃。蜂の巣(?)にされた俺は、それでも生き延びて、女の子たちのオマ○コを美貴夫に見せ付けてやってから、ショット・ガンでキャデラックごと粉砕してやった。
    • 野獣警察
      (17)
      みね武・西塔紅一
      ウインドサーフィンを教えてもらって仲良くなったメグ。だけどまだ十七歳だったので、十八歳以下とはHしないポリシーの俺は、手を付けなかった。ところがメグの両親がメグを無理矢理青龍ウインドサーフィンスクールに入れてしまう。子供の登校拒否や不純異性交際を矯正するという触れ込みだったが、実態は暴力で子供を言いなりにさせる牢獄だった。校長に犯されたメグは自殺。俺はスクールの教師どもに海上での決戦を挑んだ。ウインドサーフィンの大軍に、俺はハンググライダーとウインドサーフィンを合体させで空から攻撃。
    • 野獣警察
      (18)
      みね武・西塔紅一
      請われて時代劇映画に出演した俺。監督をしているのは、暇と金を持て余した大富豪のどら息子・春日井雅彦だ。役者の使っていたのは真剣で、娘役の首を本当に切り飛ばしたのには驚いた。次は俺の殺される番だったが、何とか逃げ延びた俺は雅彦に十億円を要求する。奴はメカ・フェチのスナイパーを雇ったが、俺の返り討ちになった。雅彦はなおも防御を固めて金の支払いを拒否する。俺は自衛隊のトラックから対戦車ミサイル・重MATを強奪して、雅彦の館を木っ端微塵にしてやった。
    • 野獣警察
      (19)
      みね武・西塔紅一
      関東葵連合会会長・大谷信次郎は、対立抗争を続けてきた東龍会の神埼茂会長代行と和解の会合を持つために自宅に招いた。ところが神崎は、機に乗じて大谷一家を皆殺しを図る。ただ一人生き残ったまだチビの末っ子は、俺を頼って神崎たちに復讐を願った。俺はまず、末っ子を引き渡す代わりに5千万円を出せと神崎にたかったが、そこへチビが乗り込んできちまった。生きて家を出たかったら、そのガキを殺せと言われちゃしょうがねえ! 俺はチビを窓の外に放り投げて、神崎たちを撃ち殺しちまったぜ。
    • 野獣警察
      (20)
      みね武・西塔紅一
      女嫌いのオ??コ好きの俺が、初めて惚れてしまった仁科聖子。キスまでが精一杯で、ベッド・インできないまま付き合っている。投資家グループ『藤友会』を率いる江藤が、仁科良介の裏金問題で聖子を要求したと聞いて、俺は乳首フェチの江藤を始末してやった。これで聖子と結婚できると思っていたら、聖子は父の決めた婚約者と俺のことを馬鹿にしながらいちゃついている。俺は結婚式当日、ウエディングケーキの中に潜んで、婚約者も聖子も良介も葬ってやった。
    • 野獣警察
      (21)
      みね武・西塔紅一
      総資産1千億円を有する大谷隆介は、狂った美食家にして漁色家だった。毎月一回各界の名士を招いて、晩餐会を催し、美食と美酒とそして美女に酔いしれている。そいつが天才料理人・花森に目をつけ、スカウトしようとして断られると、潰しにかかった。一般庶民のために美味しい料理を作りたいという花森に依頼された俺は、大谷を捕まえて百時間飲まず食わずに置いて、生卵ぶっ掛け飯を1億円で売りつけてやった。満足に食えない貧乏人の気持ちを、思い知りやがれ!
    • 野獣警察
      (22)
      みね武・西塔紅一
      セックスの最中のユリから連絡が入る。自分の派閥・清流会を結成した清川代議士がホテルで初会合を開き、5億の金を代議士連中に配る事を聞いた俺は、早速それを議会制民主主義を守るために奪うことに決める。ところが清川に去られた『闇の帝王』織田も、清流会を潰そうと計画していた。俺は首尾よく5億円を奪ったのだが、織田の秘書・永田に撃たれ、金を横取りされてしまう。頭に来た俺は、3週間後にゴルフ中の永田を爆弾でふっ飛ばしてやったぜ。
    • 野獣警察
      (23)
      みね武・西塔紅一
      警視庁殺人課の岬マコに「処女をくれる」と誑かされて、手錠で金庫につながれてしまった俺。だがそれは、マコが石神元警視と変態スナイパーの鷲の魔手から俺を守るためだった。護送車から石神を拉致したのは、代議士の園部。奴は石神に政敵の神山殺しを依頼し、鷲が俺を殺すことになったらしい。俺を殺しに来た鷲を捕まえ、園部の名を聞きだすと神山を殺した石神とともに軽飛行機でぶっ飛ばした。鷲のほうはパラシュートで、竹下通りでギャルの群れの中へ全裸で降下させてやる。短小のご開帳ってわけさ。
    • 野獣警察
      (24)
      みね武・西塔紅一
      豪華客船に各界のVIPを招いてパーティを催した、次期総裁候補の大倉。隠しカメラで接待を受けた政治家たちが女を抱くシーンを撮影し、後の取引に使う算段だった。ところがその客船が、俺のクルーザーに衝突して破壊した上、当て逃げしやがったのだ。客船の船長を締め上げて、盗み撮りしたテープを手に入れた俺は、大倉にそれを5億円で売りつけた。素直に払えばいいものを、金を惜しんだ大倉はパーティで俺を殺そうと図る。逆に自分が死ぬことになったのは,当然だな。
    • 野獣警察
      (25)
      みね武・西塔紅一
      大企業のオーナーで首相のブレーンでもある郷の愛人・美歌。野性的な俺をつまみ食いするつもりで誘ってきたのだが、端ッから愛液を垂れ流している女は俺の好みじゃなかった。すると袖にされた恨みから、美歌は郷に俺の生首をプレゼントしてくれと頼みやがる。まず二人の殺し屋が来たが、、勿論俺の敵じゃない。そいつらに郷のことを聞き出して、奴の邸に向かう途中、50挺の銃の歓待を受けた。嬉しくてゾクゾクしてきた俺は、血まみれのサンタクロースとなって郷と美歌のもとへ。熱い銃弾のプレゼントをくれてやった。
    • 野獣警察
      (26)
      みね武・西塔紅一
      美葉里高原へ女と遊びに来た俺。ペンション村で泊まり、発情期の未成年どもで大盛況だった。ところが峠を挟んだ一大リゾートのオーナーが、ペンション村の壊滅をたくらんでプロパンガスの大爆発を仕掛ける。死者26人の大惨事になり、気持ち好くやっていた俺の女まで巻き添えを食って死んだことで、俺の怒りは爆発した。手引きをしたペンション・オーナーの小沢を始め、首謀者の西急コンツェルンの総帥・神谷も始末して、1億円をものにする。遊びに来たのに、また仕事しちまったぜ。
    • 野獣警察
      (27)
      みね武・西塔紅一
      最後の独身大物スター・祭礼介が、財界人を父に持つ正真正銘の“お嬢様”と結婚した。その三ヶ月前、俺は祭の結婚披露宴を自分のホテルで取り行いたいビッグサンパインホテルのオーナー・東条に、祭の愛人探しを依頼されて、突きとめていた。その後妊娠六ヶ月だった愛人が、自動車事故に見せかけて殺される。東条が愛人を始末することを条件に、自分のホテルで披露宴をやることを承知させたのだ。怒った俺は、結婚披露宴中の祭を東条に狙撃させ、その東条を俺が殺した。善良な一般人を殺した罪は重いぜ!
    • 野獣警察
      (28)
      みね武・西塔紅一
      動物園から赤ちゃんパンダが誘拐されて、身代金5億円が要求された。東京都は支払いに応ずることが出来ず、TV局のTBCが代わって金を用意し、無事パンダは戻ってきた。しかし犯人グループに密着していた俺は、それがTV局のやらせだった事を知る。犯人グループ役の男たちは殺され、5億円はTV局に戻されたのだ。新進プロデューサーの藤尾が、視聴率稼ぎに仕組んだことを突き止めた俺は、今度は藤尾を誘拐してパンダのような姿にしてやり、身代金をTV局に要求してやった。

雑誌500誌・マンガ3.5万冊が読み放題