風のフィールド |ビューン マンガ全巻や雑誌最新号が初月無料で電子書籍が読み放題

風のフィールド(1)

著者  :みやたけし
出版社名:オフィス漫

風のフィールドの詳細

あらすじ:

熱い闘志を抱えてボールを追う、サッカーの申し子・南野風。しかし彼はサッカー部に所属せず、ひとり海岸で猛特訓を繰り返す。いつも背中を追いかけた兄・嵐の思い出が、がむしゃらな練習に風を追い込むのだった。そんな日常は、幼なじみの女性教師・河井えくぼの登場により大きく変化。えくぼは厳しいトレーニングをさらに工夫し、風の成長を後押しする。同じ情熱を持つふたりは、夢に向かって走り始めた! 熱き魂がほとばしる熱血サッカーコミック、第1巻(全17巻)!!

風のフィールドの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

シリーズ

    • 風のフィールド
      (2)
      みやたけし
      若鳥高校サッカー部は、ベスト8が過去最高の成績だった。しかし、今回の大会では女性監督・河井えくぼの指導の下、優勝を目指しフィールドを駆け抜ける! トップ・リベロをつとめる南野風は、先陣をきってボールに食らいつく攻撃の要。トーナメントの2回戦、個性的なプレイヤー・小堺将軌を擁する長沼工に競り勝つことができるか? さらに、長沼に9点差をつけて勝った静波東とは……!? 熱血サッカーコミック、熱き魂がほとばしる第2巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (3)
      みやたけし
      全力でサッカーボールを追う高校生、南野風。その瞳には、誰にも負けないファイティング・スピリッツが秘められていた。若鳥高校サッカー部は、彼を中心に粘り強いチームへと成長しつつあった。地区大会の3回戦、風たちは全国トップの実力を持つ強豪・静波東と激突。天性の素質を持つプレーヤー・檜田の存在に圧倒されつつも、勝利を信じ戦い続ける。ケガを負った風は、最後までフィールドに立っていられるか? そして、試合後に新たなキーパー候補が現われて……。白熱するサッカーコミック、進化が止まらない第3巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (4)
      みやたけし
      負傷した足が悲鳴をあげ、心臓が飛び出しそうに揺れている。それでも、若鳥高のエース・ストライカー・南野風は立ち止まらない。4回戦の相手は、自由なサッカースタイルを持つ片吹二高。主軸選手の早瀬とファルコは、一瞬も気が抜けない強敵だ。消耗しきった風は、ついに意識を失ってしまった。試合を見守る少女・のん子は、風が求める「英雄伝説」が何なのか問いただすが……!? 様々な選手が物語を彩る、本格&熱血サッカーコミック第4巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (5)
      みやたけし
      静岡地区大会のさなか、南野風を中心にレベルアップしてゆく若鳥高校サッカー部。次の対戦相手は、実力的にはさほどでもない相河商。ケガが完治しない風はフィールドの外で、仲間たちの勝利を見守るつもりでいた。ところが、相手のゴールキーパー・二谷太郎はとんでもない曲者! 笑顔のままで悪質な策略を練り、数限りなくラフプレーを繰り出してくる。傷つき倒れたチームメイトを見て、風の怒りは頂点に達した!! 加速する熱血サッカーロマン、第5巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (6)
      みやたけし
      地区大会制覇をめざし、連勝街道を突き進む若鳥高イレブン。しかし彼らの眼前に、草薙西高という巨大な壁が立ち塞がる。若鳥のエースである南野風は、相手チーム主将・嵐山に偉大な兄の面影を見て奮起した。死力を尽くした一戦の結果は……? そして、大会後には《JRプロジェクト》の名の下に、選び抜かれた高校生プレイヤーが集い強化合宿へ突入。そこは、実力だけがものを言う苛酷な環境だった。風は更なる成長を果たすのか、それともプライドを砕かれるのか!? 故郷を離れ、新たなフィールドに立つ第6巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (7)
      みやたけし
      はるかな高みを目指し、《JRプロジェクト》に参加した高校サッカー界の精鋭たち。チームを率いる兵藤監督は、皆を成長させるために次々に奇策を考え出す。まず彼らは、日本代表選手たちとの真剣勝負に臨むことになった。圧倒的な技術の差を見せつけられ、次第に追い詰められてゆくJRメンバー。まだ成長途上にある若きエース・南野風は、この試合を制することができるか!? さらに、監督は日本中が驚くようなビッグゲームを企画し、実現させてしまうのだが……。一挙にスケールアップする熱血サッカーコミック、第7巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (8)
      みやたけし
      世界で戦うには、まだまだ力が足りない新日本代表。誰よりもそれを痛感した南野風は、仲間たちのプレーを手がかりにして強力な必殺シュートをあみ出そうとする。対フランス戦のハーフタイムが終わったとき、風は新たな技《スカイドライブシュート》を手に入れていた! 斬新な発想により生まれたこの攻撃が、さっそく相手ゴールに襲いかかる! だが、フィールドには新たな好敵手・ピエールが立ちはだかり風を阻む。勝利の女神はどちらに微笑む!? 力の限り走り続ける熱血サッカーコミック、熱き血潮の第8巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (9)
      みやたけし
      満身創痍のまま、国際試合を続けるサッカー日本代表。イタリア戦でもっとも警戒すべき相手は、《神から罪を許された男》という異名を持つ巨漢・ゾフ。ぶ厚い胸板に十字架を提げ、大胆なラフプレイを仕掛けてくる厄介な男だ。南野風などの主力選手を欠く日本は、補欠に甘んじていた笹本や二谷を投入するが、徐々に劣勢に立たされてゆく。ぎりぎりの戦いの果てに、日本チームの前に背番号1を持つあの男が現われて……!? どの試合も総力戦、熱い血がたぎるサッカーコミック、第9巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (10)
      みやたけし
      苛酷な連戦の最中に、スーパーヒーローが帰ってきた! 日本代表チームは、嵐山雄次郎の復帰を心から喜ぶ。とくに嵐山を兄のように慕う南野風には、何よりも嬉しいニュースだった。ところが、試合後の夜に病院から呼び出しがあり、話を聞いた代表監督・兵藤の顔に絶望がよぎる。稀代の英雄には、わずかな時間しか残されていないのか!? 何も知らされていない風は、嵐山の活躍と勝利を信じてスパイクを履き、アルゼンチンとの戦いに向かった。熱き選手たちの死闘、そして友情を描く名作サッカーコミック、第10巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (11)
      みやたけし
      たぐいまれな才能を持ち、すでに世界レベルのプレイヤーとして認められる男・嵐山雄次郎。彼の帰還によって、日本代表は大いに勇気づけられた。嵐山を誰よりも尊敬する南野風にとって、同じフィールドに立てることが無上の喜び。あふれる気合いとともに、勢いよくアルゼンチンの陣営に攻め込んでゆく。だが生ける伝説・マラドーナがゴール前に身構えており、相手の守備は鉄壁。嵐山はこの試合で、おのれのすべてを賭け《アクセルシュート》を放とうとするが……。死闘を戦う男たちを描く熱きサッカーコミック、第11巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (12)
      みやたけし
      偉大な仲間を失い、一時は悲しみのどん底に落ちていた日本代表。それでも、立ち止まっていることは許されない。各選手は喪失感を胸にしまいこみ、ワールドカップ予選へと歩き出した。孤独なトレーニングに打ち込んでいた南野風は、ついに必殺シュートを開発し、戦線に復帰を果たす。中国の巨大な壁・陳長雷をかわし、ゴールネットを揺らすことができるのか? 運命のロスタイム、風はありったけの力を左足に込め蹴り抜いた! 雄々しく成長を続けるサッカー・エンターテイメントコミック、第12巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (13)
      みやたけし
      ついに、世界の頂点を決める祭典・ワールドカップが始まった。それぞれが独自に修練を積み、勝利のために努力してきた日本代表。南野風は肉体に不安を抱えつつも、エース・ストライカーとして強敵ブラジルに挑む。最高の必殺技《アクセルシュート》が通用すると信じて……。だがブラジルチームは予想をはるかに上回る身体能力を持ち、日本勢を圧倒!! 風ですら追いつけない足を持つホセ・サンタナが、余裕たっぷりに先取点を奪い去る。世界王者になるという夢は、早くも打ち砕かれてしまうのか!? 勝利への執念がぶつかりあう、迫力のサッカーコミック、第13巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (14)
      みやたけし
      1発ごとに命を削るようにして放たれる、強力無比な《アクセルシュート》。ただひとり、これを操ることができる南野風は、がむしゃらなサッカースタイルで日本代表を牽引してきた。が、次の敵チームは超スーパー選手が勢ぞろいするオランダ。獅子の如き貫禄のルート・フリットが指揮を執り、隙のない波状攻撃を仕掛けてくる。オーバーワークを続けてきた風の身体は、もう立っていることすら危うい。反撃のきっかけは何処に? ワールドカップの熱気伝わる、第14巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (15)
      みやたけし
      超満員のスタンドから歓声を浴びながら、日本とオランダの激闘は続く。すでに肉体の限界をはるかに超えている南野風だが、勝利をつかむため全身全霊で球を追う。飽くなき闘争心は究極の技《スパークアクセル》を生み出すが、直後に風は昏倒してしまう。傷ついた左足は真紅に染まり、今はピクリとも動かない。生命さえ危ぶまれる状態から、回復することはできるのか!? フィールドの外で、新たな戦いが始まる熱血サッカーコミック、15巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (16)
      みやたけし
      身体に負荷をかけすぎ、ついに歩くこともできなくなった日本代表・南野風。激しい痛みと発熱は、あれほどの熱血プレーヤーから戦う気力を奪い去ってしまった。同級生の浅川則子は、回復を信じて声をかけ続ける。一方、W杯決勝トーナメントは幾多のドラマを飲み込み進行してゆく。攻撃の中心選手を失った日本チームは、思うような試合展開ができず大苦戦。もしやこのまま、舞台から退場してしまうのか……? 過去最大の危機を描く、熱血サッカーコミック、第16巻(全17巻)!!
    • 風のフィールド
      (17)
      みやたけし
      全世界を熱狂の渦に巻き込む、サッカーの祭典ワールドカップ!! 日本代表は数々の死闘を制し、準決勝にまで駒を進める。対するは、優勝候補のオランダを破ったイタリア。主将のジャンニーニはケガで精彩を欠くが、それを補って余りある選手層と試合経験を持つ。彼らの堅い守りを打ち破り、得点をもぎ取れるのか!? 日本のヒーロー・南野風は、仲間たちと共に広大なフィールドを走り始めた……。常に諦めず戦い続けたサッカー浪漫、ついにクライマックス(全17巻)!! 巻末にウインドサーフィンを題材にした爽やかな短編『サマーウインド』も収録!