【無料】エコノミスト(毎日新聞出版)最新号 | 8月23日号 | 700誌以上の雑誌がサブスク読み放題 | 試し読み有り | ビューン

エコノミスト (最新号:8月23日号)

出版社名:毎日新聞出版

エコノミスト 最新号:8月23日号の目次

  • 〔週刊エコノミスト〕ご利用のご案内
  • 〔闘論席〕古賀茂明
  • 〔2022年の経営者〕編集長インタビュー 中島健 インフォマート社長
  • 〔週刊エコノミスト目次〕1
  • 〔週刊エコノミスト目次〕2
  • 〔社告〕藁谷友紀『スマート物流』/角道裕司『証券会社とつむぐ「地方創生」の物語』/早川周作『琉球アスティーダの奇跡』
  • 〔コメ〕コロナと食生活の変化の二重苦 コメ価格下落で苦しい農家=斎藤信世
  • 〔特集〕電力危機 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ=荒木涼子/和田肇/電力危機 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長=編集部
  • 〔特集〕電力危機 風力 建て替えが増える陸上 洋上は落札基準を修正=土守豪
  • 〔特集〕電力危機 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ=本橋恵一
  • 〔特集〕電力危機 需給構造 カーボンニュートラルの絵姿 エネ安保は循環型経済がカギに=志田龍亮
  • 〔特集〕電力危機 東工大の挑戦 次世代原発「SMR」競争激しく 中露、欧米の民間企業も開発=荒木涼子
  • 〔特集〕電力危機 国内外の原発の今 脱炭素や燃料高騰で回帰か 日本では「最大限活用」=荒木涼子
  • 〔特集〕電力危機 次世代原発 バラ色にもてはやされる「SMR」 挑戦し続ける覚悟と信念はあるか=村上朋子
  • 〔特集〕電力危機 原発再稼働論 誰も保証していない「十分な安全」 危うい目前の危機だけでの議論=寿楽浩太
  • 〔特集〕電力危機 戦時の原発 侵攻で鮮明となった原子力利用の課題 来年の広島で核防護のイニシアチブを=鈴木達治郎
  • 〔特集〕電力危機 欧米の動向 脱露で加速する脱化石燃料 争奪戦で高騰するLNG=下郡けい
  • 〔特集〕電力危機 都市ガス 風力、EV、「うな丼」も展開 「密着」で多角化経営を目指す=吉田愛
  • 〔特集〕電力危機 節電ポイント 電力不足で花開く節電ビジネス 政府も料金高騰対策として支援=土守豪
  • 〔特集〕電力危機 ガソリンスタンド 自家用車減とEV拡大の脅威 地下タンク交換時がXデーか=小嶌正稔
  • 〔株式市場が注目!海外企業〕/42 トタルエナジーズ エネルギー価格上昇から恩恵=小田切尚登
  • 〔学者が斬る・視点争点〕せっかちな高齢者ほど運転免許返納=佐々木周作
  • 〔情熱人〕/42 大阪・中之島の医療拠点は集大成 澤芳樹 大阪大学名誉教授 心臓血管外科医
  • 〔コレキヨ〕小説 高橋是清 第201話 井上準之助死す=板谷敏彦
  • 〔言言語語〕~7/28
  • 〔編集後記〕白鳥達哉/浜條元保
  • 〔書評〕『データとモデルの実践ミクロ経済学 ジェンダー・プラットフォーム・自民党』 評者・土居丈朗/『無国籍と複数国籍 あなたは「ナニジン」ですか?』 評者・近藤伸二
  • 〔書評〕話題の本 『ポストコロナと現代アート』ほか
  • 〔書評〕読書日記 童話・寓話などの古典を作家はいかに翻案したか=楊逸
  • 〔書評〕歴史書の棚 「反省マニア」の官僚が「英雄」になる歴史の激動=加藤徹/永江朗の出版業界事情 同人コミック販売店「とらのあな」大量閉店
  • 〔社告〕福田猛『プランニングから運用戦略・実行まで プロがこっそり教える資産運用のはじめかた』
  • 〔ワシントンDC〕WASHINGTON D.C. 静かに進む彫像の「置き換え」 歴史を後世にどう伝えるか=西田進一郎
  • 〔中国視窓〕チャイナウオッチ 経済安保の焦点は物価 「二兎」追う政策はリスクも=真家陽一
  • 〔論壇・論調〕インフレ抑制よりも景気後退回避 英国で台頭する「ポンド安」待望論=増谷栄一
  • 〔ザ・マーケット〕東京市場 ストラテジストが読む 日銀が緩和継続、円安で輸出株堅調=藤戸則弘/NY市場 “節税売り”がハードルに=堀古英司
  • 〔ザ・マーケット〕中国株 不動産市場の低迷が重し=斎藤尚登/ドル・円 1ドル=130円へ=深谷幸司
  • 〔ザ・マーケット〕プラチナ 往来相場が続く=中山修二/長期金利 0.2%台へ再上昇=徳勝礼子
  • 〔ザ・マーケット〕マーケット指標
  • 〔ザ・マーケット〕今週のポイント 7月の企業向けサービス価格指数(8月25日) 伸び率の上昇続くか=上野剛志
  • 〔ザ・マーケット〕経済データ
  • 〔東奔政走〕政治家襲撃につきまとう「無意味な死」の過酷さ=伊藤智永
  • 〔高齢化〕タイは31年に超高齢社会へ 先進国日本に学ぶ高齢者ケア=斎藤信世
  • 〔サッカー〕旧ソ連最強のウクライナのサッカー 原発事故や戦火の中でも熱戦が続く=服部倫卓
  • 〔エコノミストリポート〕進まない銃規制 米で深刻化する学校への銃持ち込み 「教師の武装化」割れる議論=中岡望
  • 〔鎌田浩毅の役に立つ地学〕/111 日本の活火山/1 桜島(鹿児島県) 「プリニー式」噴火への移行焦点
  • 〔豪州中銀〕虚心坦懐に学ぶ 豪州中銀にあって日銀にはない「明確な政策意図と効果の説明」=河村小百合
  • 〔独眼経眼〕物価高負担を上回る「過剰貯蓄」=斎藤太郎
  • 〔異次元緩和を問う〕/8 不公正を増す中央銀行に未来はない=岩村充
  • 〔挑戦者2022〕マイケルティー・ヤマグチ ZAUNTED代表取締役 ホラーで社会貢献を目指す
  • 〔WORLD・WATCH〕ニューヨーク トニー賞最多作品も「苦戦」=伊熊啓輔/カリフォルニア ガソリンスタンド建設禁止!?=土方細秩子
  • 〔WORLD・WATCH〕英国 観測史上最高の熱波襲来=酒井元実/インド スタバの「マサラチャイ」=松本滉司
  • 〔WORLD・WATCH〕香港 第4の航空会社が就航=江藤和輝/マレーシア 韓国のコンビニが続々進出=本田香織
  • 〔小川仁志の哲学でスッキリ問題解決〕/139 時間を有効に使うべきなのに、だらだらしてしまいます
  • 〔アートな時間〕映画 異動辞令は音楽隊! 刑事ドラマで音楽映画の異色作 渾身のドラムと演奏に注目=野島孝一/クラシック 第91回日本音楽コンクール=梅津時比古
  • 〔グラフの声を聞く〕インフレ高進で高まる金の存在感=市岡繁男

エコノミスト 雑誌の詳細

配信予定日*:毎週月曜

雑誌紹介:

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
*「配信予定日」はカレンダーの関係で、変更となる場合があります。

エコノミストの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

エコノミストのバックナンバー

    • 8月9・16日合併号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 8月2日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 7月26日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 7月19日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 7月12日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 7月5日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 6月28日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 6月21日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 6月14日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 6月7日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 5月31日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 4月14日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

雑誌700誌・マンガ40,000冊
マンガ雑誌80誌が読み放題