サンデー毎日|雑誌の読み放題・無料試し読みはビューン

サンデー毎日 最新号:12月12日増大号

出版社名:毎日新聞出版

サンデー毎日 最新号:12月12日増大号の目次

  • 〔サンデー毎日〕ご利用のご案内
  • 〔NEWS・CLIP〕涙、涙の得点王「退場も誇り」
  • 〔NEWS・CLIP〕なぜ君たちは総理大臣になれないのか。
  • 〔サンデー毎日目次〕12月12日号
  • 〔倉重篤郎のニュース最前線〕田中康夫の憂国政談
  • 〔小池百合子〕公務復帰巡り自民と暗闘 怒り心頭の小池百合子
  • 〔70歳からの「生き方」改革〕老いる極意を専門家&著名人が徹底指南 健康編 老いと闘える最後のチャンス
  • 〔70歳からの「生き方」改革〕マネー編 絶対やっておくべきマネーの鉄則7カ条
  • 〔NEWSNAVI〕米国 群衆が店を襲う「フラッシュモブ」 米サンフランシスコなどで相次ぐ/社会 巨大な前方後円墳の「大山古墳」 発掘したら埴輪が約20本も出土
  • 〔NEWSNAVI〕金融 みずほシステム障害の責任問題 FG社長の辞任を巡る紆余曲折/カルチャー 「ヨックモック」会長が精選したピカソ作品を堪能できる美術館
  • 〔NEWSNAVI〕スポーツ 「赤ヘル軍団黄金期」を築いた広島の古葉竹識元監督が死去/北朝鮮 「首領」「金正恩主義」の表現で政権発足10年経て独り立ちか
  • 〔NEWSNAVI〕芸能 「紅白」出場確実視の優里が落選 文春砲“三股交際”が選考に影響か/〔元村有希子の科学のトリセツ〕/181 今夜飲む酒と地球温暖化 実はつながっているのだ
  • 〔燃料価格〕ガソリン高騰の犯人は脱炭素化だって!?
  • 〔サンデー時評〕/145 人間の欲望と国家の不作為 温暖化にどう向き合えるか=髙村薫
  • 〔青木理のカウンター・ジャーナリズム〕抵抗の拠点から/356 黒と白
  • 〔牧太郎の青い空白い雲〕/843 牛鍋「ちんや」は「上を向いて歩こう」を口ずさみながら閉店!
  • 〔人間ドキュメント・季節の人たち〕/143 立憲民主党の混迷―乗り越える「壁」とは?=森健
  • 〔新・炉辺の風おと〕/34 森の道 人の道/4=梨木香歩
  • 〔満月雑記帳〕/1366 海底火山の爆発で軽石漂流。ついつい「宇宙のカラクリ」を思わずにいられない。=中野翠
  • 〔幸せな老後への一歩〕/740 石油価格の急上昇で国庫は潤い、庶民生活は疲弊する=荻原博子
  • 〔校閲至極〕/174 新選組と新撰組 どちらを選ぶ?
  • 〔サンデー俳句王〕今週の兼題 鴨、中(無季)
  • 〔ラブYOU川柳〕/230 新垣紀子選
  • 〔マムシの小言〕昭和・平成・令和 世紀をまたいだ辻説法師/168 宵越しの時間は持てない だから今を大切にせよ!
  • 〔Sports・Spirits〕/440 フィギュアスケート 転向してアイスダンス界を大いに盛り上げる=小川勝
  • 〔予想上手の馬券ベタ〕/1419 最近3人の総理のイニシャルはASK、エ女王杯の上位3頭の頭文字もまたアスク…=井崎脩五郎
  • 〔読んでトクする社会保障〕社会保障フォーラム/155 介護保険の住宅改修 対象範囲は?
  • 〔加齢なる日々〕/513 会話あります=小川有里
  • 〔OL400人は考える・それってどうよ!?〕/723 いま欲しいのは「小さな幸せ」なのです!=池野佐知子
  • 〔ピンドットの星占い〕12.1(水)~12.7(火)
  • 〔社告〕サンデー毎日増刊『大学入試全記録 2021年度版 全国4604高校の実力』
  • 〔大学プレスセンター〕ニュースダイジェスト/163 代替肉メニューも選択肢に 「食」めぐる技術革新が進む
  • 〔大学入試〕中高一貫全国325私立中 最新入試情報 コロナ2年目も受験生増か 「狙い目」「お得」な学校は?
  • 〔大学入試〕中高一貫全国325私立中学 最新入試情報
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕著者インタビュー 町田そのこ『星を掬う』
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕今こそ、読みたい 丸山久美『バスクの修道女 日々の献立』=平松洋子
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕読んでたどる歴史 真保裕一『真・慶安太平記』=本郷和人/健康あれば憂いなし 逢坂剛『ご機嫌剛爺 人生は、面白く楽しく!』=三浦天紗子
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕今週の新刊 『あなたに安全な人』他=岡崎武志
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕読むことのつれづれ 安田顕/3
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕本のある日々 故人について語り合いたい思いはいまも燻ったままここにある=上原隆
  • 〔社告〕大沢在昌『悪魔には悪魔を』
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕Weekly Cinema 「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」他=平辻哲也
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕ArtScene 柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年=石川健次
  • 〔蛭子能収のニンゲン画報〕/215 ギャラクシー賞
  • 〔ワイドショーの恋人〕/572 芸能界の闇?=山田美保子
  • 〔これは、アレだな〕/61 寂聴さんとアレ=高橋源一郎
  • 〔世界透視術〕/274 北京冬季五輪の嵐=金子秀敏
  • 〔いつでも梅を〕/1605
  • 〔三代目JSB〕三代目JSB ずっと支えてきてもらえたことが嬉しい
  • 〔2050年のメディア〕第87回 チッソ付属病院院長はメンゲレではない。57年前の文書は語る=下山進
  • 〔世代の昭和史〕/56 反省なき転向者たち 軍国主義から民主主義へ=保阪正康
  • 〔おいしい給食〕独立局系異色ドラマ「おいしい給食」にハマる 来年には映画第2弾 シーズン2は最終盤
  • 〔社会学的皇室ウォッチング!〕/12 愛子さまが選択を迫られる「皇位継承」議論の行方
  • 〔70歳からの「生き方」改革〕住まい編 実例から学ぶUターン、Iターン、リフォームの成功術
  • 〔70歳からの「生き方」改革〕仕事編 「雇われる」から「独立する」に発想を切り替えよ
  • 〔70歳からの「生き方」改革〕人間関係編 タテの人間関係を卒業し、ヨコの関係を築こう
  • 〔編集長後記〕編集部である日、「湯豆腐」の話題で…
  • 〔ニュースな動物たち〕/616 「“半農半芸”活動の一環で」
  • 〔FACE・Legends〕ミュージシャン ミッキー吉野 長く歌い継がれる曲を作ってきた喜びがある
  • 〔建築偏愛主義!〕ノスタルジーを探しに…/17 渋谷区立松濤美術館

サンデー毎日 雑誌の詳細

配信予定日*:毎週火曜

雑誌紹介:

サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。 1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。 社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。 社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
*「配信予定日」はカレンダーの関係で、変更となる場合があります。

サンデー毎日の提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

サンデー毎日のバックナンバー

    • 12月5日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 11月28日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 11月21日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 11月14日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 11月7日増大号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 10月31日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 10月24日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 10月17日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 10月10日増大号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 10月3日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 9月26日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 9月19日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。

雑誌700誌・マンガ40,000冊が読み放題