サンデー毎日|雑誌の読み放題・無料試し読みはビューン

サンデー毎日 最新号:11月7日増大号

出版社名:毎日新聞出版

サンデー毎日 最新号:11月7日増大号の目次

  • 〔サンデー毎日〕ご利用のご案内
  • 〔NEWS・CLIP〕怪物も王子も引退 原点は夏の甲子園
  • 〔NEWS・CLIP〕環境問題で若者と共闘 養老先生の拳
  • 〔サンデー毎日目次〕11月7日号
  • 〔衆院選〕完全版10.31衆院選289選挙区当落予測 岸田自民に異変あり
  • 〔眞子さま〕30歳の幸福と痛み 小室圭さんとご結婚 言葉でひもとく30年史
  • 〔社会学的眞子さまウォッチング!〕/7 金銭トラブル問題 「小室責任論」に反駁する
  • 〔秋の花粉症〕あなたの咳や鼻水は「秋の花粉症」かも
  • 〔NEWSNAVI〕米国 米アマゾンは時給2040円 「年末商戦」の前倒しが背景に/社会 ウニ、イクラ、サケが大量死 北海道太平洋岸の赤潮が原因
  • 〔NEWSNAVI〕金融 イオンが100円ショップ3位「キャンドゥ」を買収する狙いは/カルチャ- 直径15センチの手のひらサイズ 大人も楽しめるハイテク地球儀
  • 〔NEWSNAVI〕スポーツ 燃え尽きた「平成の怪物」松坂 最速118キロでプロ人生に幕/韓国 半導体工場は日米台の「同盟」 熊本を凝視する“半導体王国”
  • 〔NEWSNAVI〕芸能 紅白総合司会に明石家さんま? 裏番組への気遣い消えて浮上説/〔元村有希子の科学のトリセツ〕/176 政権選択選挙さなかの「核のごみ」巡る町長選
  • 〔総選挙の争点〕純粋傀儡・岸田政権が体現する「安倍一強体制」を拒絶するのか、許すのか 最注目の政治学者・白井聡が特別寄稿
  • 〔サンデー時評〕/140 学校と霞が関にメスを! 真の教育改革、働き方改革へ=高村薫
  • 〔青木理のカウンター・ジャーナリズム〕抵抗の拠点から/351 彼我の差
  • 〔牧太郎の青い空白い雲〕/838 窮屈すぎるぜ! 江戸っ子は「病」も「貧乏」も笑い飛ばした
  • 〔ワイドショーの恋人〕/568 ワイドショー女王・神田うの現る=山田美保子
  • 〔幸せな老後への一歩〕/735 親が子どもに教えるべきは、お金の善悪と稼ぐ力!=荻原博子
  • 〔世界透視術〕/269 馬雲氏のスペイン旅行=金子秀敏
  • 〔人間ドキュメント・季節の人たち〕/138 総選挙の「第一声」―18年前、田中真紀子のケース=森健
  • 〔いつでも梅を〕/1600
  • 〔新・炉辺の風おと〕/29 自然界では一つとして同じ存在はないということ/5=梨木香歩
  • 〔満月雑記帳〕/1361 落語って演者の人柄とか人間性というのが、とても大事なんだな、と思う。=中野翠
  • 〔予想上手の馬券ベタ〕/1414 ピークはそんなに何回も来ないという説があるが、ソダシよ復活の前例があるぞ=井崎脩五郎
  • 〔Sports・Spirits〕/435 サッカー 困難極まるW杯予選の切り札=二宮清純
  • 〔加齢なる日々〕/508 口は…=小川有里
  • 〔読んでトクする社会保障〕社会保障フォーラム/150 認定薬局制度がスタート
  • 〔OL400人は考える・それってどうよ!?〕/718 35歳は「何か」の曲がり角。それが何かと言われても…=池野佐知子
  • 〔校閲至極〕/169 爽やかな自転車 自動車と勘違い
  • 〔マムシの小言〕昭和・平成・令和 世紀をまたいだ辻説法師/163 「赤秋」のスピリットで探究心と好奇心を忘れるな!
  • 〔ピンドットの星占い〕10.27(水)~11.2(火)
  • 〔大学入試〕国公立・私立318大学 4大模試最新難易度 文系編 コロナの反動で志願者増へ 難関・準難関大とも難化か
  • 〔大学入試〕国公立・私立318大学 4大模試最新難易度 文系編
  • 〔大学プレスセンター〕ニュースダイジェスト/162 新入部員減で存続の危機も 活動の魅力SNSで伝える
  • 〔糖尿病〕11月は糖尿病予防月間 HbA1cを知りコロナ禍で高まる糖尿病・動脈硬化リスクから身を守る!
  • 〔蛭子能収のニンゲン画報〕/210 取材
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕著者インタビュー 山田敏弘『死体格差 異状死17万人の衝撃』
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕今こそ、読みたい ジェイソン・ドーシー&デニス・ヴィラ『Z世代マーケティング…』=開沼博
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕食べて 飲んで、読む トム・ジャクソン 片岡夏実/訳『冷蔵と人間の歴史』=木村衣有子/サブカル本の真骨頂 INA『つつがない生活』=武田砂鉄
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕今週の新刊 『土になる』他=岡崎武志
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕読むことのつれづれ 岩井勇気/2
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕本のある日々 「らしさ」に縛られることなく誰もが自由になっていい=白河桃子
  • 〔社告〕毎日ムック『名医を探せ!2021』『病院最前線2021』
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕Weekly Cinema 「老後の資金がありません!」他=平辻哲也
  • 〔SUNDAY・LIBRARY〕ArtScene 小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌=石川健次
  • 〔たばこ〕各自治体は喫煙所整備で分煙推進を 自民党たばこ議連・たばこ特別委で決議文可決 地方たばこ税の一部を目的税化せよ!
  • 〔サンデー俳句王〕今週の兼題 立冬、御(無季)
  • 〔ラブYOU川柳〕/225 近藤勝重選
  • 〔社告〕青木理『破壊者たちへ』
  • 〔神宮寺勇太〕「狂気」の中に身を置いて
  • 〔これは、アレだな〕/56 日本の中心はシブヤ!=高橋源一郎
  • 〔2050年のメディア〕第82回 何が事実かだけを見よ オランダ新興メディア スター記者は徹底する=下山進
  • 〔世代の昭和史〕/51 歴史の闇に消された大東亜戦争調査会 大蔵官僚・青木得三の闘い=保阪正康
  • 〔電動アシスト付き自転車〕都心で急増! 電動アシスト付き自転車が怖い
  • 〔ここがおかしい日本の医療!〕病床数は主要先進国1位なのになぜ医療崩壊?
  • 〔倉重篤郎のニュース最前線〕望月衣塑子、五百旗頭幸男、山口二郎の衆院選観戦記 野党共闘に大義がある
  • 〔衆院選〕完全版10.31衆院選289選挙区当落予測 注目選挙区リポート 広島3区/完全版10.31衆院選289選挙区当落予測 注目選挙区リポート 東京18区/完全版10.31衆院選289選挙区当落予
  • 〔編集長後記〕歩道を歩いていると、ドキリとすることがある…
  • 〔ニュースな動物たち〕/611 「“冬の使者”が飛来」
  • 〔クラシックカメラ〕4×5判、蛇腹写真機 老骨に鞭打って活躍……?
  • 〔特集〕遊び心と愛にあふれた公式グッズ大集合!

サンデー毎日 雑誌の詳細

配信予定日*:毎週火曜

雑誌紹介:

サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。 1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。 社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。 社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
*「配信予定日」はカレンダーの関係で、変更となる場合があります。

サンデー毎日の提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

サンデー毎日のバックナンバー

    • 10月31日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 10月24日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 10月17日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 10月10日増大号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 10月3日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 9月26日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 9月19日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 9月12日増大号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 9月5日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 8月29日号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。
    • 8月15・22日合併号
      サンデー毎日は毎日新聞社から毎週火曜日に発行されている週刊誌です。1922年に日本で初めての週刊誌として創刊されて以来、2010年7月に5000号を迎え、2012年4月には創刊90年を迎えた老舗週刊誌です。読者層は40~50代の男性が中心となっています。社会情勢や政治、経済を中心にニュース、教育、健康、芸能など幅広いジャンルの記事を掲載。2013年7月~2013年9月の発行部数は11万部。40~50代のビジネスマンを中心に、団塊の世代とその家族まで幅広い世代から支持されています。社会、政治、経済の諸問題を鋭くとらえた硬派なスクープ記事のほか、毎年2月から始まる大学合格者速報号では学歴問題や大学受験に関する記事を多く取り扱い、教育・大学関係者のみならず各方面から高く評価されています。読者の知的好奇心を刺激し続ける総合情報誌として、社会、政治、経済、科学などあらゆる事象を、それに関わる人の動静としてとらえてアグレシッブに分析、日本と世界の「今」を等身大で伝えています。人気作家による連載にも定評があり、現在は椎名誠の「ナマコのからえばり」や大宮エリー「なんとか生きていますッ」のコラムや、過去には、後にドラマ化され山崎豊子の代表作となる「白い巨塔」「不毛地帯」などの小説が連載され、その他にも高村薫、手塚治虫、司馬遼太郎、長谷川町子ら大物作家による連載の実績があります。

雑誌500誌・マンガ3.5万冊が読み放題