HiVi(ハイヴィ)|ステレオサウンド|雑誌・マンガ・るるぶの読み放題・無料試し読みならビューン!

HiVi 最新号:2月号

出版社名:ステレオサウンド

HiVi 最新号:2月号の目次

  • 目次
  • from Writers
  • 2020年傑作ディスク&ネット動画340本+α
  • HiVi、動画はじめるってよ
  • 高画質テレビを活かす、ステレオAVシステム
  • 「新4K/8K衛星放送」がやって来る!
  • 映画の匠たち
  • New Products Review
  • ステレオサウンドYouTubeチャンネル
  • 今月の最新NEWS
  • 世界映画Hakken伝 RETURNS
  • Stereo Sound REFERENCE RECORD聴きどころ紹介 22
  • from Readers
  • 速報!2021年春発売予定タイトル
  • ネット動画パーフェクト再生ガイド
  • CRITICS PROFILE
  • from Editors
  • ステレオサウンドストアからのお知らせ

HiVi 雑誌の詳細

配信予定日*:毎月17日

雑誌紹介:

「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。 1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。 同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。

*「配信予定日」はカレンダーの関係で、変更となる場合があります。

HiViの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット

HiViのバックナンバー

    • 1月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。
    • 12月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。
    • 11月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。
    • 10月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。
    • 9月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。
    • 8月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。
    • 7月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。
    • 6月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。
    • 5月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。
    • 4月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。
    • 3月号
      「HiVi(ハイヴィ)」はステレオサウンドから毎月17日に発行されている月刊誌です。1983年に創刊されたオーディオヴィジュアル専門誌で、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジンです。30年間に渡り、「新しいホームエンターテイメント」を提案し続けてきました。表紙のデザインは、イラストレーターの秋山育が手がけ、映画をモチーフとした印象的なイラストがHiViの象徴的な存在となっています。誌面ではスピーカー、アンプ、プレーヤー、レコーダー、ディスプレイ、プロジェクター、テレビなど新製品のレビューや映画情報などオーディオヴィジュアル情報が盛り沢山。記事は、麻倉怜士、潮晴男、小原由夫、高津修など、いずれも名だたるAV評論家が執筆しています。どの記事も深く、細部まで検証・比較しているので、映画や音楽を最高の状態で楽しむなら、まずはHiViをご覧ください。同じくステレオサウンドから発行されているオーディオ雑誌、「DigiFi(デジファイ)」「PROSOUND」「ヘッドフォン王国」、季刊の「ステレオサウンド」も好評です。公式ホームページ「Stereo Sound ONLINE」では、各雑誌の紹介や特集記事、HiVi編集部のブログに加えて、AV機器や音楽ソフトのオンラインストアも開設しています。