Octane(オクタン)|SHIRO|雑誌・マンガ・るるぶの読み放題・無料試し読みならビューン!

Octane 最新号:32号

出版社名:SHIRO

Octane 最新号:32号の目次

Octane 雑誌の詳細

配信予定日*:3,6,9,12月26日

雑誌紹介:

Octaneは、2003年に英国で創刊された「英国で一番新しい“旧い”クルマの雑誌」です。彼らの造り出す、従来の雑誌の型にはまらない、大胆かつ繊細な構成、ロードムービーのようなヴィジュアルは、瞬く間に英国のエンスージァスト(=マニアックでハイエンドなクルマ好き)をも取り込み、いまや英国で一番売れているヴィンテージ&パフォーマンスカー雑誌となりました。そして、その世界一美しく面白いと評される誌面は、国境を越えて広がりを見せ、2012年春からフランス語版、イタリア語版の出版も始まるなど、ワールドワイドな展開が始まっており、日本語版の発行はその一環として位置づけられています。 昨今の日本は若者のクルマ離れや環境問題など、自動車社 会の変化が囁かれていますが、一方で世界有数の自動車大国であり、アジアにおいて最も成熟した自動車文化の素地をもつ国でもあります。 いまや個人が所有する“走行可能なF1 ”は 20 台以上を数えるなど、世界でも屈指の質を誇るコレクターが日本各地に存在し、究極の自動車趣味といえるヴィンテージカーの世界は、バブル期よりもさらに深化しています。そう、今の日本には様々なモノを味わい尽くしてきた趣味人たちが、アガリ(=集大成)としてヴィンテージカーを楽しむ......というトレンドが 確かに存在するのです。 そんな彼らの興味の対象はクルマだけにとどまらず、ガレージ、自転車、カメラ、時計、ファッションなど、際限なく広がりをみせるのが特徴です。しかし、今の日本には、彼らのニーズにマッチする上質な自動車雑誌は残念ながら存在しません。自動車文化先進国である英国発のOctaneこそが、そんな彼らの欲求を満たす唯一の媒体として機能するのです。

*「配信予定日」はカレンダーの関係で、変更となる場合があります。

Octaneの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット

Octaneのバックナンバー

    • vol.31
      Octaneは、2003年に英国で創刊された「英国で一番新しい“旧い”クルマの雑誌」です。彼らの造り出す、従来の雑誌の型にはまらない、大胆かつ繊細な構成、ロードムービーのようなヴィジュアルは、瞬く間に英国のエンスージァスト(=マニアックでハイエンドなクルマ好き)をも取り込み、いまや英国で一番売れているヴィンテージ&パフォーマンスカー雑誌となりました。そして、その世界一美しく面白いと評される誌面は、国境を越えて広がりを見せ、2012年春からフランス語版、イタリア語版の出版も始まるなど、ワールドワイドな展開が始まっており、日本語版の発行はその一環として位置づけられています。昨今の日本は若者のクルマ離れや環境問題など、自動車社 会の変化が囁かれていますが、一方で世界有数の自動車大国であり、アジアにおいて最も成熟した自動車文化の素地をもつ国でもあります。いまや個人が所有する“走行可能なF1 ”は 20 台以上を数えるなど、世界でも屈指の質を誇るコレクターが日本各地に存在し、究極の自動車趣味といえるヴィンテージカーの世界は、バブル期よりもさらに深化しています。そう、今の日本には様々なモノを味わい尽くしてきた趣味人たちが、アガリ(=集大成)としてヴィンテージカーを楽しむ......というトレンドが 確かに存在するのです。そんな彼らの興味の対象はクルマだけにとどまらず、ガレージ、自転車、カメラ、時計、ファッションなど、際限なく広がりをみせるのが特徴です。しかし、今の日本には、彼らのニーズにマッチする上質な自動車雑誌は残念ながら存在しません。自動車文化先進国である英国発のOctaneこそが、そんな彼らの欲求を満たす唯一の媒体として機能するのです。
    • vol.30 マツダMX-5 ミアータ
      Octaneは、2003年に英国で創刊された「英国で一番新しい“旧い”クルマの雑誌」です。彼らの造り出す、従来の雑誌の型にはまらない、大胆かつ繊細な構成、ロードムービーのようなヴィジュアルは、瞬く間に英国のエンスージァスト(=マニアックでハイエンドなクルマ好き)をも取り込み、いまや英国で一番売れているヴィンテージ&パフォーマンスカー雑誌となりました。そして、その世界一美しく面白いと評される誌面は、国境を越えて広がりを見せ、2012年春からフランス語版、イタリア語版の出版も始まるなど、ワールドワイドな展開が始まっており、日本語版の発行はその一環として位置づけられています。昨今の日本は若者のクルマ離れや環境問題など、自動車社 会の変化が囁かれていますが、一方で世界有数の自動車大国であり、アジアにおいて最も成熟した自動車文化の素地をもつ国でもあります。いまや個人が所有する“走行可能なF1 ”は 20 台以上を数えるなど、世界でも屈指の質を誇るコレクターが日本各地に存在し、究極の自動車趣味といえるヴィンテージカーの世界は、バブル期よりもさらに深化しています。そう、今の日本には様々なモノを味わい尽くしてきた趣味人たちが、アガリ(=集大成)としてヴィンテージカーを楽しむ......というトレンドが 確かに存在するのです。そんな彼らの興味の対象はクルマだけにとどまらず、ガレージ、自転車、カメラ、時計、ファッションなど、際限なく広がりをみせるのが特徴です。しかし、今の日本には、彼らのニーズにマッチする上質な自動車雑誌は残念ながら存在しません。自動車文化先進国である英国発のOctaneこそが、そんな彼らの欲求を満たす唯一の媒体として機能するのです。
    • Vol.29 F40の魅力
      Octaneは、2003年に英国で創刊された「英国で一番新しい“旧い”クルマの雑誌」です。彼らの造り出す、従来の雑誌の型にはまらない、大胆かつ繊細な構成、ロードムービーのようなヴィジュアルは、瞬く間に英国のエンスージァスト(=マニアックでハイエンドなクルマ好き)をも取り込み、いまや英国で一番売れているヴィンテージ&パフォーマンスカー雑誌となりました。そして、その世界一美しく面白いと評される誌面は、国境を越えて広がりを見せ、2012年春からフランス語版、イタリア語版の出版も始まるなど、ワールドワイドな展開が始まっており、日本語版の発行はその一環として位置づけられています。昨今の日本は若者のクルマ離れや環境問題など、自動車社 会の変化が囁かれていますが、一方で世界有数の自動車大国であり、アジアにおいて最も成熟した自動車文化の素地をもつ国でもあります。いまや個人が所有する“走行可能なF1 ”は 20 台以上を数えるなど、世界でも屈指の質を誇るコレクターが日本各地に存在し、究極の自動車趣味といえるヴィンテージカーの世界は、バブル期よりもさらに深化しています。そう、今の日本には様々なモノを味わい尽くしてきた趣味人たちが、アガリ(=集大成)としてヴィンテージカーを楽しむ......というトレンドが 確かに存在するのです。そんな彼らの興味の対象はクルマだけにとどまらず、ガレージ、自転車、カメラ、時計、ファッションなど、際限なく広がりをみせるのが特徴です。しかし、今の日本には、彼らのニーズにマッチする上質な自動車雑誌は残念ながら存在しません。自動車文化先進国である英国発のOctaneこそが、そんな彼らの欲求を満たす唯一の媒体として機能するのです。