エコノミスト|毎日新聞出版|雑誌・マンガ・るるぶの読み放題・無料試し読みならビューン!

エコノミスト 最新号:11月3日号

出版社名:毎日新聞出版

エコノミスト 最新号:11月3日号の目次

  • 〔週刊エコノミスト〕ご利用のご案内
  • 〔闘論席〕片山杜秀
  • 〔2020年の経営者〕編集長インタビュー 和里田聰 松井証券社長
  • 〔週刊エコノミスト目次〕1
  • 〔週刊エコノミスト目次〕2
  • 〔Economist・View〕森永製菓
  • 〔FOCUS〕NEWS コロナ禍で客足途絶える 百貨店が自粛と訪日客激減で赤字 閉店相次ぎ地方は“総崩れ”=柳沢亮/NEWS アップルが新iPhone 音楽・動画で2兆円増も ハードからサービスへ=南
  • 〔深層真相〕井伊ドコモ新社長を阻む“菅”製値下げの悪影響/「汎用品」を残した東芝半導体に疑問の声/任天堂に酷似の中国ゲーム スパイソフト疑惑も浮上
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 バイデン勝利で急変 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も=神崎修一
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 リスク1 米バブル 「恐怖指数」高止まり 下落局面への転換点=菊池真
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練=荒武秀至
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 米大統領選勝敗予想 宗教票が剥落したトランプ バイデンの「雪崩的勝利」も=中岡望
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 失業率が示唆する「バイデン勝利」=笠原滝平
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 リスク3 日本株 海外投資家は売り姿勢 日経平均2万円まで調整=大川智宏
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 リスク4 穀物・肉 インフレ招く中国の「爆買い」=柴田明夫
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 リスク5 米中摩擦 ファーウェイがスマホ撤退危機 大逆風のソニー、キオクシア=高口康太
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 リスク6 新興国 トルコ発金融ショック再来も=西浜徹
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 リスク7 円高 来年後半に100円割れへ=佐々木融
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 勝つ業界負ける業界 バイデンなら再エネ堅調 関税引き下げで小売り復活=広木隆
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 インタビュー ラッセル・インベストメント 中川裕之 運用担当執行役員
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 リスク8 欧中対立 首脳会談で“溝”浮き彫り 「脱中国」でEU失速=酒井元実
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 リスク9 英国 1日1万人感染 経済は過去最悪=菅野泰夫
  • 〔特集〕コロナ株高の崩壊 リスク10 ワクチン 難しい低温輸送 接種率低迷も=近内健
  • 〔不動産コンサル・長嶋修の一棟両断〕/68 残価設定ローンで住宅バブル到来か
  • 〔独眼経眼〕日米実質金利の低下が示唆するもの=愛宕伸康
  • 〔海外企業を買う〕/310 ユーピーエス 年間55億個を運ぶ米貨物大手=宮川淳子
  • 〔学者が斬る・視点争点〕新規事業に承認はいらない=碇邦生
  • 〔ワイドインタビュー問答有用〕/815 初の小説&エッセー集=松重豊・俳優
  • 〔コレキヨ〕小説 高橋是清 第115話 日銀総裁=板谷敏彦
  • 〔言言語語〕~10/16
  • 〔編集後記〕浜田健太郎/藤枝克治
  • 〔書評〕『Hello!! Work 僕らの仕事のつくりかた、つづきかた。』 評者・藤原裕之/『暴君 シェイクスピアの政治学』 評者・将基面貴巳
  • 〔書評〕話題の本 『やってくる』ほか
  • 〔書評〕著者に聞く 『人新世の「資本論」』 著者・斎藤幸平さん
  • 〔書評〕歴史書の棚 よみがえる夭折の思想家 仏典研究に一石を投じる=今谷明/永江朗の出版業界事情 取次大手2社が物流で協業へ
  • 〔社告〕平田オリザ、藻谷浩介『経済成長なき幸福国家論 下り坂ニッポンの生き方』
  • 〔ワシントンDC〕WASHINGTON D.C. 中国への対抗策続々と 米輸銀のオンライン総会=川上直
  • 〔中国視窓〕チャイナウオッチ デジタル化に活路求める習政権 長期独裁でくすぶる「退陣論」=金子秀敏
  • 〔論壇・論調〕コロナ第2波と闘うドイツ 全国的封鎖の回避へ全力=熊谷徹
  • 〔ザ・マーケット〕東京市場 ストラテジストが読む 大統領選、早期決着なら市場安定=三宅一弘/NY市場 株価の反応も二極化へ=村山誠
  • 〔ザ・マーケット〕インド株 景気回復期待が下支えに=児玉卓/ドル・円 ドル高を上回る円高=高島修
  • 〔ザ・マーケット〕原油 40ドル台からの上値重い=柴田明夫/長期金利 ゼロ%をやや上回る=海老原慎司
  • 〔ザ・マーケット〕マーケット指標
  • 〔ザ・マーケット〕今週のポイント 商業動態統計(10月29日) モノ消費の強さは続くか?=高山武士
  • 〔ザ・マーケット〕経済データ
  • 〔東奔政走〕波乱含みの「大宏池会」構想 今賭ける岸田氏の政局観=高塚保
  • 〔エコノミストリポート〕法律 巨額の制裁金 日本企業が欧州で“独禁法”違反 楽器メーカーなど摘発相次ぐ=工藤明弘
  • 〔自動車〕ファーウェイが自動車部品に参入 OSでグーグル、アップルを追撃=湯進
  • 〔特集〕サイバー攻撃と日本 サイバー攻撃で日本は滅びる 偽メールに騙される大企業 対策は世界に周回遅れ=山崎文明
  • 〔特集〕サイバー攻撃と日本 緊急アンケート サイバー被害の10社 「偽メール対策(DMARC)を導入しているか?」
  • 〔特集〕サイバー攻撃と日本 情報戦の鉄則 攻撃者を特定しない「愚」 危機意識ない政府、企業、個人=山崎文明
  • 〔2分で分かるAI図解〕日本の未来 第1回 バイデン勝利で製薬・自動車に恩恵=ゼノデータ・ラボ
  • 〔鎌田浩毅の役に立つ地学〕/25 もし月がなかったら 地球の1日は「8時間」に?
  • 〔挑戦者2020〕小川嶺 タイミー代表 スキマ時間が生むお金と体験
  • 〔WORLD・WATCH〕ニューヨーク GAFAがオフィス拡張へ=斎藤康弘/ロシア 姿消すモスクワのシンボル=前谷宏
  • 〔WORLD・WATCH〕台湾 「安心旅行」がGDP押し上げ=福岡静哉/タイ 低迷続く不動産市場=藤野英憲
  • 〔WORLD・WATCH〕インド 金の密輸が減らない理由=中島敬二/ケニア 電子署名が普及拡大の兆し=久保唯香
  • 〔小川仁志の哲学でスッキリ問題解決〕/54 コロナ自粛で給料が激減、子供の塾代が払えず教育格差が心配です
  • 〔アートな時間〕映画 パピチャ 未来へのランウェイ 武器は力でなくファッション 因習と闘うしなやかな女性たち=勝田友巳/美術 特別展「桃山―天下人の100年」 信長、秀吉ら英雄割拠の時代 華麗で豪壮な
  • 〔グラフの声を聞く〕株で「独り勝ち」米国の不安=市岡繁男

エコノミスト 雑誌の詳細

配信予定日*:毎週月曜

雑誌紹介:

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

*「配信予定日」はカレンダーの関係で、変更となる場合があります。

エコノミストの提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題プレミアム
  • 読み放題マンション
  • 読み放題タブレット
  • 読み放題スポット
  • ビューン@

エコノミストのバックナンバー

    • 10月27日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 10月20日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 10月13日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 10月6日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 9月29日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 9月22日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 9月15日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 9月8日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 9月1日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 8月25日号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。
    • 8月11・18日合併号
      エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。