男の隠れ家 2019年9月号|ビューン 雑誌もマンガも初月無料で電子書籍が読み放題

男の隠れ家

2019年9月号
三栄

提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題スポット
  • 読み放題マンション
  • ビューン

目次

  • 表紙
  • 目次
  • Person of the month Vol.196 オダギリジョー(映画監督・俳優)
  • いつか出会った郷土の味第三十八食 ローソクとブシュカン(高知県)
  • 知花くらら 日々是好日
  • 柳家三三 前略、高座から──。
  • 自然が生み出す冷涼を求めて大人の鍾乳洞探検へ
  • 夏バテの体によく効く夏の冷泉ぬる湯宿。
  • 渋・辰野館[長野県茅野市・奥蓼科温泉郷]
  • 間欠泉湯の華[山形県飯豊町・広河原温泉]
  • 微温湯温泉旅館二階堂[福島県福島市・微温湯温泉]
  • 自在館[新潟県魚沼市・栃尾又温泉]
  • 岩下温泉旅館[山梨県山梨市・岩下温泉]
  • 誠山[静岡県函南町・伊豆畑毛温泉]
  • column 冷泉・ぬる湯でみつけた夏の温泉みやげ。
  • 泉岳舘[岐阜県下呂市・湯屋温泉]
  • 寒の地獄旅館[大分県九重町・寒の地獄温泉]
  • 鶴の恩返しよみがえりの宿鶴霊泉[佐賀県佐賀市・古湯温泉]
  • column 暑い夏に食べたい絶品かき氷
  • 燕ハイランドロッジ[新潟県妙高市・燕温泉]/かど半旅館[群馬県東吾妻町・川中温泉]
  • 泡の湯[長野県松本市・白骨温泉]/高峰温泉ランプの宿[長野県小諸市・高峰温泉]
  • 岩屋館[長野県上田市・角間温泉]/神乃湯[長野県下諏訪町・毒沢鉱泉]
  • 湯宿梅ぞ乃[山梨県身延町・下部温泉]/大仙家[静岡県伊豆の国市・伊豆畑毛温泉]
  • 富士見館[静岡県函南町・伊豆畑毛温泉]/湯元すぎ嶋[岐阜県関市・神明温泉]
  • 湯元榊原舘[三重県津市・榊原温泉]/花山温泉薬師の湯[和歌山県和歌山市・花山温泉]
  • 山香温泉風の郷[大分県杵築市・山香温泉]/大和屋[佐賀県佐賀市・古湯温泉]
  • 旅館湯之元温泉[宮崎県高原町・湯之元温泉]/極楽温泉匠の宿[宮崎県高原町・極楽温泉]
  • 江戸の粋を嗜む蕎麦と冷酒
  • スマートチョイス
  • 「男の隠れ家」セレクトショップ
  • インフォメーション
  • 隠れ家通信/編集部だより
  • 読者プレゼント/アンケートのお願い
  • エンターテインメントトピックス
  • 時空旅人告知
  • 次号予告/奥付/バックナンバーのご案内
  • 四季彩枠 山本学
  • 裏表紙

バックナンバー

雑誌紹介

男の隠れ家は三栄書房から毎月27日に発行されている月刊誌。 1997年に創刊され、毎号独特のアングルによる味わい深い写真から、中高年の男性を中心に幅広い層の読者から人気のある雑誌です。創刊当初は、ヨット、書斎、マイホーム、別荘、お座敷遊びなど・・・まさに雑誌のタイトルどおり「隠れ家」を持つことができる男性富裕層向けの特集がメインでしたが、2004年より、時代の流れとともに「大人の等身大の楽しみ」をコンセプトとして大きく方針展開しました。夢みるような贅沢ではなく、50代、60代の誰もが手の届く、精神的な贅沢。例えばローカル線の旅や昔町逍遥、温泉、ジャズ、蕎麦などの身近な楽しみを特集テーマとするようになりました。男の隠れ家と言えば、ボリューム満点の「1特集主義」ですが、なかでも人気特集の一つは「ローカル線」です。自由な誌面構成が特色で、一つのローカル路線を紹介するのに、8ページも使ったりしています。なかには、列車が停車していない2本のレールのみが写った写真だけに1ページを使う場合もあります。そんな文字もない、説明もない情景写真を多用することで、列車がホームに入ってくる気配や列車が通った後の余韻など、読者の感性で「バーチャル体験」してもらえるような誌面作りが特徴。旅に出たいと思っていても働き盛りの男性読者はなかなか行く機会がない。読者にはあたかもその地へ行った気になってもらいたい。そして「いつかはいきたいな」という夢をみていただきたいという思いが誌面に込められています。

人気カテゴリ

雑誌200誌・マンガ2万冊・るるぶ100冊が読み放題