男の隠れ家 2019年8月号|ビューン 雑誌もマンガも初月無料で電子書籍が読み放題

男の隠れ家

2019年8月号
三栄

提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題スポット
  • 読み放題マンション
  • ビューン

目次

  • 表紙
  • 目次
  • Person of the month Vol.195 中村雅俊(俳優・歌手)
  • いつか出会った郷土の味第三十七食 山根商店の縄文漬(岩手県)
  • 知花くらら 日々是好日
  • 柳家三三 前略、高座から──。
  • 絶景! 温泉! グルメ! まるっと楽しむ北海道の道の駅20
  • のんびり気ままにドライブ! 大人の夏旅、北海道。
  • 北海道遺産とは
  • 北海道の貿易や街づくりの拠点となった 小樽・札幌・積丹エリア
  • 1 ニッカウヰスキー余市蒸溜所
  • 2 開拓使時代の洋風建築
  • 3 札幌苗穂地区の工場・記念館群
  • 4 北海道大学札幌農学校第2農場
  • 5 札幌軟石
  • 6 空知の炭鉱関連施設と生活文化〔コラム〕屯田兵村と兵屋
  • 幕末から明治期の歴史の面影深く残る 江差・函館・松前エリア
  • 1 五稜郭と箱館戦争の遺構
  • 2 内浦湾沿岸の縄文文化遺跡群
  • 3 函館西部地区の街並み
  • 4 函館山と砲台跡
  • 5 上ノ国の中世の館
  • 6 福山(松前)城と寺町〔コラム〕姥神大神宮渡御祭と江差追分
  • column 北の大地の風土が溶け込む北海道のワインを味わう
  • 絶品夏に食べたい! 北海道グルメ
  • 広大な自然の美しさと開拓の歴史に迫る 旭川・帯広・釧路エリア
  • 1 霧多布湿原
  • 2 北海道の簡易軌道
  • 3 旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群
  • 4 三浦綾子記念文学館と外国樹種見本林
  • 5 旭橋
  • 6 旭川家具〔コラム〕アイヌ文様
  • 澄んだ水と豊かな緑に囲まれた 網走・北見エリア
  • 1 森林鉄道蒸気機関車雨宮21号
  • 2 ピアソン記念館
  • 3 北海道の集治監(網走)
  • 4ワッカ/小清水原生花園
  • 5 摩周湖
  • 6 根釧台地の格子状防風林〔コラム〕サケの文化
  • 昭和を感じる哀愁の鉄道遺産
  • 大自然を遊び尽くす夏のアウトドア・アクティビティ
  • スマートチョイス
  • 「男の隠れ家」セレクトショップ
  • インフォメーション
  • 隠れ家通信/編集部だより
  • 読者プレゼント/アンケートのお願い
  • エンターテインメント トピックス
  • 時空旅人告知
  • 次号予告/奥付/バックナンバーのご案内
  • 四季彩枠 今泉真也
  • 裏表紙

バックナンバー

雑誌紹介

男の隠れ家は三栄書房から毎月27日に発行されている月刊誌。 1997年に創刊され、毎号独特のアングルによる味わい深い写真から、中高年の男性を中心に幅広い層の読者から人気のある雑誌です。創刊当初は、ヨット、書斎、マイホーム、別荘、お座敷遊びなど・・・まさに雑誌のタイトルどおり「隠れ家」を持つことができる男性富裕層向けの特集がメインでしたが、2004年より、時代の流れとともに「大人の等身大の楽しみ」をコンセプトとして大きく方針展開しました。夢みるような贅沢ではなく、50代、60代の誰もが手の届く、精神的な贅沢。例えばローカル線の旅や昔町逍遥、温泉、ジャズ、蕎麦などの身近な楽しみを特集テーマとするようになりました。男の隠れ家と言えば、ボリューム満点の「1特集主義」ですが、なかでも人気特集の一つは「ローカル線」です。自由な誌面構成が特色で、一つのローカル路線を紹介するのに、8ページも使ったりしています。なかには、列車が停車していない2本のレールのみが写った写真だけに1ページを使う場合もあります。そんな文字もない、説明もない情景写真を多用することで、列車がホームに入ってくる気配や列車が通った後の余韻など、読者の感性で「バーチャル体験」してもらえるような誌面作りが特徴。旅に出たいと思っていても働き盛りの男性読者はなかなか行く機会がない。読者にはあたかもその地へ行った気になってもらいたい。そして「いつかはいきたいな」という夢をみていただきたいという思いが誌面に込められています。

人気カテゴリ

雑誌200誌・マンガ2万冊・るるぶ100冊が読み放題