エコノミスト 4月23日号|ビューン 雑誌もマンガも初月無料で電子書籍が読み放題

エコノミスト

4月23日号
毎日新聞出版

提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題スポット
  • 読み放題マンション
  • ビューン

目次

  • 表紙
  • 〔闘論席〕小林よしのり
  • 〔2019年の経営者〕編集長インタビュー 下村真司 住友重機械工業社長
  • 〔週刊エコノミスト目次〕1
  • 〔週刊エコノミスト目次〕2
  • 〔FOCUS〕NEWS 日産ゴーン氏解任 ルノーと主導権争いで意思決定遅れるリスクも=河村靖史/編集部/NEWS 新紙幣・硬貨発行 特需1.6兆円も景気動向は左右せず=永浜利広
  • 〔深層真相〕「忖度」辞任の塚田氏 県連よぎる3年前の悪夢/第一三共の大型提携 買収話の真偽に臆測
  • 〔特集〕最強ほったらかし投資 激闘!インデックス投信 ネットや銀行・生保系躍進=浜田健太郎
  • 〔特集〕最強ほったらかし投資 NISA、iDeCoを使い倒す=向山勇
  • 〔特集〕最強ほったらかし投資 厳選 主要株式インデックスファンド一覧=篠田尚子/最強ほったらかし投資 ゼロからわかる インデックス投資 何でもQ&A=篠田尚子
  • 〔特集〕最強ほったらかし投資 どちらが有利か インデックスVSアクティブ運用成績表=編集部
  • 〔特集〕最強ほったらかし投資 最適な組み合わせ 年代別モデルポートフォリオを知る=編集部
  • 〔特集〕最強ほったらかし投資 なぜ有利なのか インデックス運用 核心は「平均」の強み=山崎元
  • 〔特集〕最強ほったらかし投資 源流を探る インデックス投資の歴史と理論=板谷敏彦
  • 〔特集〕最強ほったらかし投資 ブロガーに聞く 激論! インデックスVSアクティブ投資
  • 〔特集〕最強ほったらかし投資 賢人に学ぶ 負けない投資!必読の6冊=尾藤峰男
  • 〔同族経営の底力〕/2 赤字の「無添加石けん」「ビール」 非上場ゆえの長期戦略=編集部/相山豊
  • 〔復活する会社〕/2 森下仁丹 オッサンパワーで会社を変える=大宮知信
  • 〔2040年の社会保障を考える〕増加する「住まいが無い」若者=稲葉剛
  • 〔海外企業を買う〕/235 マリオット・インターナショナル 世界最大級のホテルグループ=小田切尚登
  • 〔ワイドインタビュー問答有用〕/740 世界史最大の謎に挑む=河江肖剰・エジプト考古学者
  • 〔コレキヨ〕小説 高橋是清 第40話 鹿鳴館時代=板谷敏彦
  • 〔言言語語〕~4/5
  • 〔編集後記〕加藤結花/村田晋一郎
  • 〔書評〕『両利きの経営 「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く』 評者・後藤康雄/『世界経済、最後の審判 破綻にどう備えるか』 評者・池尾和人
  • 〔書評〕話題の本 『アメリカに日本のマンガを輸出する』他
  • 〔書評〕読書日記 あるものをあるがままに 記録こそ抵抗たりうる=ブレイディみかこ
  • 〔書評〕歴史書の棚 元号は国民と共に 令和時代は文化国家へ=井上寿一/海外出版事情 アメリカ 大統領長女夫妻の暴露本が話題=冷泉彰彦
  • 〔社告〕静孝一郎『靴磨きの教科書 プロの技術はどこが違うのか』
  • 〔学者が斬る・視点争点〕デンマークの重い税負担から学ぶ=倉地真太郎
  • 〔ワシントンDC〕WASHINGTON D.C. バージニアのアマゾン第2本社 メリットとデメリット=井上祐介
  • 〔中国視窓〕チャイナウオッチ 「一帯一路」イタリア参加へ 欧州攻勢で勢いづく「習1強」=金子秀敏
  • 〔論壇・論調〕独メガバンク2行合併の深層 政府の「銀行救済」に疑問の声=熊谷徹
  • 〔ザ・マーケット〕東京市場 ストラテジストが読む 中国の製造業PMI回復は好材料=隅谷俊夫/NY市場 企業の業績見通しに注目=手塚理恵
  • 〔ザ・マーケット〕ブラジル株 政治への期待剥落=児玉卓/ドル・円 ドルはジリ高基調=高島修
  • 〔ザ・マーケット〕穀物 作付け遅れで上昇も=村井美恵/長期金利 マイナス0.1%割れへ=山下えつ子
  • 〔ザ・マーケット〕マーケット指標
  • 〔ザ・マーケット〕今週のポイント 日銀金融政策決定会合(4月24~25日) 2021年度の物価見通しに注目=上野剛志
  • 〔ザ・マーケット〕経済データ
  • 〔東奔政走〕「令和」効果に水差した塚田辞任 解散は年末年始まで警戒モード=佐藤千矢子
  • 〔ズバリ!地域金融〕第16回 「早期警戒制度」で地銀の懐に手を突っ込んだ金融庁=浪川攻
  • 〔脱現金〕キャッシュレス比率は実質5割 低所得層ほど現金志向=翁百合
  • 〔図解で見るIoT・AI時代の主役〕電子デバイスの今/29 日本がリードする人工光合成 太陽光から有用化学品を…=松永新吾
  • 〔エコノミストリポート〕米国の覇権 世界最大の産油国のしたたかなエネルギー戦略=阿部直哉
  • 〔WORLD・WATCH〕ニューヨーク 建設中高層ビル傾く 手抜き工事か=冷泉彰彦/香港 本土で暮らす市民に国民待遇=江藤和輝
  • 〔WORLD・WATCH〕ロシア 長寿化に健康診断の定着図る=野村邦宏/アフリカ 弊害化する長期政権=小泉大士
  • 〔WORLD・WATCH〕インド 再生エネ導入目標に黄信号=中島政之/韓国 PM2.5防止に衣類保管家電=趙章恩
  • 〔グローバルマネー〕ITバブルの過去が暗示する米国株「棒上げ」
  • 〔挑戦者2019〕杉江理 ウィルCEO 出かけたくなる車いすを
  • 〔独眼経眼〕日銀短観が示すのは内需の底堅さ=足立正道
  • 〔デジタル化時代になくなる銀行、残る銀行〕/6 増えるネット証券連携 効果薄い「資産囲い込み」=高橋克英
  • 〔アートな時間〕映画 僕たちのラストステージ 細筆で丁寧に描き出されたローレル&ハーディの晩年=芝山幹郎/舞台 團菊祭五月大歌舞伎 七代目尾上丑之助の初舞台 菊之助の艶やかな踊りも見もの=小玉祥子
  • 〔グラフの声を聞く〕長短金利逆転は株価急落の前兆=市岡繁男

バックナンバー

雑誌紹介

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

人気カテゴリ

雑誌200誌・マンガ2万冊・るるぶ100冊が読み放題