男の隠れ家 2018年12月号|ビューン 雑誌もマンガも初月無料で電子書籍が読み放題

男の隠れ家

2018年12月号
三栄

提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題スポット
  • 読み放題マンション
  • ビューン

目次

  • 表紙
  • 目次
  • Person of the month
  • いつか出会った郷土の味
  • 知花くらら 日々是好日
  • 柳家三三 前略、高座から──。
  • 年に一度の楽しみ到来! 新そばイベントで旬の味を堪能する
  • お気に入りの一冊に出会える本のある空間。
  • 特別寄稿人生の一冊に出会う場所 若松英輔(批評家・随筆家)
  • PART.1 Select Bookstore 店主こだわりの本が並ぶ書店
  • Title[東京・荻窪]
  • H.A.Bookstore[東京・蔵前]
  • 歌舞伎町ブックセンター[東京・新宿]
  • 往来堂書店[東京・千駄木]
  • POST[東京・恵比寿]
  • 森岡書店銀座店[東京・銀座]
  • 双子のライオン堂[東京・赤坂]
  • 誠光社[京都・御所東]
  • 三月書房[京都・寺町]/MONTAG BOOKSELLERS[京都・西陣]
  • 柳々堂[大阪・京町堀]
  • PART.2 Book Cafe 珈琲を味わいページをめくる静かなひと時
  • fuzkue[東京・初台]
  • ESPACE BIBLIO[東京・御茶ノ水]
  • BOOKS BUNNY[東京・原宿]
  • SNOW SHOVELING[東京・駒沢]
  • BUNDAN COFFEE & BEER[東京・駒場]/books & caf? BOUSINGOT[東京・千駄木]
  • MOON FACTORY COFFEE[東京・三軒茶屋]/Rainy Day Bookstore & Cafe[東京・西麻布]
  • 古書と茶房ことばのはおと[京都・西陣]
  • 珈琲舎・書肆アラビク[大阪・中崎町]
  • Caf? Bibliotic Hello![京都・御所南]
  • Bar Liseur[大阪・南船場]
  • cafe anonima[京都・一乗寺]/BOOK CAFE WILD BUNCH[大阪・天六]
  • column 泊まれる本屋で眠りたい BOOK AND BED TOKYO
  • PART.3 Library 本がつなぐ新しいコミュニケーションの場
  • 岐阜市立中央図書館みんなの森[岐阜・岐阜市]
  • 金沢海みらい図書館[石川・金沢市]
  • 北区立中央図書館[東京・北区]
  • 大和市立図書館[神奈川・大和市]/飯能市立図書館[埼玉・飯能市]
  • 水戸市立西部図書館[茨城・水戸市]
  • 高山市図書館煥章館[岐阜・高山市]
  • 仙台市民図書館[宮城・仙台市]/太田市美術館・図書館[群馬・太田市]
  • 富山市立図書館本館 TOYAMAキラリ[富山・富山市]
  • 赤穂市立図書館[兵庫・赤穂市]/梼原雲の上図書館[高知・梼原町]
  • 武雄市図書館・歴史資料館[佐賀・武雄市]/北九州市立中央図書館[福岡・北九州市]
  • 快適な読書はまず環境づくりからお勧めの家具&雑貨セレクト
  • 本の魅力を発掘する大型書店のおシゴト拝見!
  • 知られざる美酒レバノンワイン
  • スマートチョイス
  • 「男の隠れ家」セレクトショップ
  • インフォメーション
  • 隠れ家通信/編集部だより
  • 読者プレゼント/アンケートのお願い
  • エンターテインメントトピックス
  • 次号予告/バックナンバー
  • 四季彩枠
  • 裏表紙

バックナンバー

雑誌紹介

男の隠れ家は三栄書房から毎月27日に発行されている月刊誌。 1997年に創刊され、毎号独特のアングルによる味わい深い写真から、中高年の男性を中心に幅広い層の読者から人気のある雑誌です。創刊当初は、ヨット、書斎、マイホーム、別荘、お座敷遊びなど・・・まさに雑誌のタイトルどおり「隠れ家」を持つことができる男性富裕層向けの特集がメインでしたが、2004年より、時代の流れとともに「大人の等身大の楽しみ」をコンセプトとして大きく方針展開しました。夢みるような贅沢ではなく、50代、60代の誰もが手の届く、精神的な贅沢。例えばローカル線の旅や昔町逍遥、温泉、ジャズ、蕎麦などの身近な楽しみを特集テーマとするようになりました。男の隠れ家と言えば、ボリューム満点の「1特集主義」ですが、なかでも人気特集の一つは「ローカル線」です。自由な誌面構成が特色で、一つのローカル路線を紹介するのに、8ページも使ったりしています。なかには、列車が停車していない2本のレールのみが写った写真だけに1ページを使う場合もあります。そんな文字もない、説明もない情景写真を多用することで、列車がホームに入ってくる気配や列車が通った後の余韻など、読者の感性で「バーチャル体験」してもらえるような誌面作りが特徴。旅に出たいと思っていても働き盛りの男性読者はなかなか行く機会がない。読者にはあたかもその地へ行った気になってもらいたい。そして「いつかはいきたいな」という夢をみていただきたいという思いが誌面に込められています。

人気カテゴリ

雑誌200誌・マンガ2万冊・るるぶ100冊が読み放題