入居者に雑誌・マンガの読み放題サービスを提供できる 「ビューン読み放題マンション」の導入戸数が2万戸を突破! ~導入物件のさらなる拡大を図るため、マンションISPと新たに提携、 『週刊東洋経済』を追加しラインアップをより充実~ |ビューン マンガも雑誌も電子書籍が読み放題

2019.02.01

入居者に雑誌・マンガの読み放題サービスを提供できる 「ビューン読み放題マンション」の導入戸数が2万戸を突破! ~導入物件のさらなる拡大を図るため、マンションISPと新たに提携、 『週刊東洋経済』を追加しラインアップをより充実~

株式会社ビューン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大石 隆行、以下「ビューン」)は、マンションなど集合住宅の入居者に対して雑誌・マンガが無料で読み放題となるサービスを提供できる 「ビューン読み放題マンション」の導入戸数が、2018年12月に2万戸を突破しましたのでお知らせします。


「ビューン読み放題マンション」は、集合住宅向けにインターネットサービスを提供しているプロバイダー(以下「マンションISP」)が、集合住宅のオーナー・管理会社に対してインターネットサービスと セットで提供するサービスです。新規契約や値引き防止の対策としてマンションISPに活用されています。また、導入物件のうち、賃貸物件がおよそ9割を占めており、小規模戸数の物件の空室対策や解約防止対策として、 集合住宅のオーナー・管理会社に好評をいただいています。物件検索サイトなどでは「インターネット接続サービス+雑誌・マンガの読み放題付き」を入居者のメリットとして表記する物件が増えています。


ビューンは、現在マンションISP7社と提携しており、2018年8月に株式会社Ai.Connect、11月に株式会社クロガネコミュニケーションズと提携するなど、導入戸数のさらなる拡大を図っていきます。


また、導入戸数増加に伴い雑誌・マンガのラインアップも充実させていきます。2017年6月のサービス提供開始時から、雑誌は33誌追加、マンガは約2,000作品追加しました。2019年2月1日からは、 株式会社東洋経済新報社が提供する人気総合経済誌の『週刊東洋経済』を追加します。



<「ビューン読み放題マンション」導入戸数の推移>



サービス導入に関する問い合わせ窓口は、下記の通りです。

ビューン読み放題マンション問合せフォーム(https://www.viewn.co.jp/service/mansion)
ビューン読み放題マンション事務局(isp@viewn.co.jp)

<「ビューン読み放題マンション」について>

1.特長

・入居者特典として雑誌・マンガ・るるぶの読み放題サービスを提供可能

・マンションやアパートなど集合住宅が契約するインターネット回線などを経由して、入居者が所有するスマートフォンやタブレット、パソコンで、雑誌約100誌、マンガ1万5,000冊以上、 旅行ガイドブック「るるぶ」100冊以上が読み放題となるサービスを入居者に対して提供できます。雑誌は常に最新号に更新されるほか、バックナンバーも入居者にご覧いただけます。


・毎日どこでも利用可能

マンション共有部で利用できる読み放題サービスは多くありますが、「ビューン読み放題マンション」は、マンション内外で読み放題サービスを楽しむことができます。


・専用アプリケーションが不要

手軽に楽しんでいただけるウェブサービスで、専用アプリケーションのダウンロードは必要ありません。


2.導入料金

1戸あたり月額120円(税抜き)

※ 料金は入居/利用の有無にかかわらず、導入物件の全戸数分が対象になります。



<サービスイメージ>



<追加ラインアップについて>



雑誌名 週刊東洋経済
提供元 東洋経済新報社
配信日 毎週月曜日


このプレスリリースに記載されている会社名および製品名(商品・サービス名)は、各社の商標または登録商標です。

雑誌200誌・マンガ2万冊・るるぶ100冊が読み放題