Octane Vol.27 ベントレーの百年|ビューン 雑誌もマンガも初月無料で電子書籍が読み放題

Octane

Vol.27 ベントレーの百年
SHIRO

提供中サービス

  • ブック放題
  • 読み放題スポット
  • 読み放題マンション
  • ビューン

目次

  • 表紙
  • AD
  • 目次
  • 2035年のグランドツアラー
  • W.O.人と作品
  • ベントレー・ボーイズの存在感
  • 可能性の追究 バーキン・ブロワー・ベントレー
  • 最高の出来 3リッター・ショーとシャシー・スピードモデル
  • 簡にして要を得る 3/5.3リッター
  • 眩い復活 4 1/2リッター
  • 老舗オークショニアでの展覧会
  • 賢者の車選び Rタイプ・スポーツサルーン
  • ベントレーの神話 Rタイプ・コンチネンタル・ファストバック
  • ビートルズのベントレー
  • ロールス・ロイスとベントレー 67年間の“結婚生活”
  • ベントレー車名の由来
  • 大陸で解き放たれる コンチネンタルSC
  • 底に秘めた力 コンチネンタルGT
  • ベントレーにまつわるトリビア
  • ロードカー×モータースポーツ GT3レース
  • 様式美が語るベントレー
  • 軽井沢へのグランドツーリング
  • 100周年を迎えるベントレーで築いた20年
  • デレック・ベルとミュルザンヌ
  • ベントレー本社工場 CREWEを訪ねて
  • AUTO SPEAK SPECIAL 1967年、クルー工場を訪ねる
  • ベントレーを所有するということ
  • もうひとつの神話
  • 王位継承 コンチネンタルGT
  • エルトン・ジョンが所有していたベントレーS3
  • BREITLING 二つの哲学が共鳴する
  • 地上における“最高の乗り物”
  • “まったく変わることなく”進化を続けるその価値
  • 伝統を継承する6 3/4?
  • 走れど停まれど圧倒的 コンチネンタルGTコンバーチブル
  • ベントレーの100年を辿る
  • マリナ―の世界
  • コンチネンタルGTコンバーチブル ナンバー1エディション byマリナ―
  • マリナ―がつないだ80年
  • ショールームでベントレーのモダン&ラグジュアリーを体感する
  • 価格だけではない魅力を持つ「認定中古車」
  • いま日本で買えるベントレー 現行モデルガイド
  • どこまでも深い、ハンドメイドの奥深き世界
  • ベントレーとカクテル
  • Octane NEWS
  • 異種ハイブリッドの競演
  • ミニの激戦
  • ヒーローへの賛辞 ランチア アウレリア
  • AUTO SPEAK Vol.27 ヴォアテュレット -11-
  • モントレー・カーウィークのすべて
  • 自動車デザインを変えた男、パトリック・ルケモン
  • “王女たちのラリー”は明るく、お茶目で、過酷で、華やか。
  • 『眠れる森の美女』が再び目を覚ました
  • CHANTILLY ARTS&ELEGANCE RICHARD MILLE
  • ラリー・ヴァンドーム80 BACK TO THE 80’s
  • CIRCUIT DU GRAND SAMBUC
  • GOODWOOD FESTIVAL OF SPEED
  • 5月のヨーロッパでクラシックカーを堪能するには
  • モナコで開催された魅惑のコンクールデレガンス
  • コノリーが歩んできた140年の歴史 英国高級車の芳しき香り
  • AUTOMOBILIA 第19回 クルマのカートゥーン
  • Q by ASTON MARTIN
  • フェラーリ乗りの宝島、発見?!
  • ヴィンテージカーと溶け合うタイムレスなオーダーメイド
  • メガヨットと共にマリン文化を築く
  • THE ROYAL AUTOMOBILE CLUB
  • ONE FOR ALL
  • Event REPORT
  • アルピナがディーゼルを“再定義する”
  • “今読んでおきたい”車の本
  • Octane INFORMATION
  • CLASSIC CAR AUCTION RESULT
  • Octane Market
  • シトロエンオリジンズ、オクタンバックナンバー
  • 奥付
  • 背表紙
  • 裏表紙

バックナンバー

雑誌紹介

Octaneは、2003年に英国で創刊された「英国で一番新しい“旧い”クルマの雑誌」です。彼らの造り出す、従来の雑誌の型にはまらない、大胆かつ繊細な構成、ロードムービーのようなヴィジュアルは、瞬く間に英国のエンスージァスト(=マニアックでハイエンドなクルマ好き)をも取り込み、いまや英国で一番売れているヴィンテージ&パフォーマンスカー雑誌となりました。そして、その世界一美しく面白いと評される誌面は、国境を越えて広がりを見せ、2012年春からフランス語版、イタリア語版の出版も始まるなど、ワールドワイドな展開が始まっており、日本語版の発行はその一環として位置づけられています。 昨今の日本は若者のクルマ離れや環境問題など、自動車社 会の変化が囁かれていますが、一方で世界有数の自動車大国であり、アジアにおいて最も成熟した自動車文化の素地をもつ国でもあります。 いまや個人が所有する“走行可能なF1 ”は 20 台以上を数えるなど、世界でも屈指の質を誇るコレクターが日本各地に存在し、究極の自動車趣味といえるヴィンテージカーの世界は、バブル期よりもさらに深化しています。そう、今の日本には様々なモノを味わい尽くしてきた趣味人たちが、アガリ(=集大成)としてヴィンテージカーを楽しむ......というトレンドが 確かに存在するのです。 そんな彼らの興味の対象はクルマだけにとどまらず、ガレージ、自転車、カメラ、時計、ファッションなど、際限なく広がりをみせるのが特徴です。しかし、今の日本には、彼らのニーズにマッチする上質な自動車雑誌は残念ながら存在しません。自動車文化先進国である英国発のOctaneこそが、そんな彼らの欲求を満たす唯一の媒体として機能するのです。

人気カテゴリ

雑誌200誌・マンガ2万冊・るるぶ100冊が読み放題